日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iモードケータイの出荷を年内で終了…  

い1
 
 部品の生産が打ち切られているため


1999年から続く「iモードケータイ」が幕を下ろすとのこと。 NTTドコモは、iモードケータイの出荷を、11月〜12月を目処に終了すると発表しました。 従来型のフィーチャーフォンを求めるユーザー向けには、Androidベースのspモードケータイを用意しますと言ってるが…

iモード方式は、携帯端末でのインターネット接続が普及する前の1999年の年初にドコモが独自に開発して提供。スマホ時代を迎えるまで一世を風靡した。

NTTドコモ広報部は生産終了の理由について「iモードケータイ向け部材の一部の生産をメーカーが相次いで打ち切っているため」と説明。また「2015年から、(OSにAndroidを搭載した)SPモードケータイ(ガラホ)への置き換えを進めており、今回の生産終了に至った」としています。

なお、らくらくホン(iモード)については当面出荷を継続するとのこと。 iモードサービスについても、今までと変わらず引き続き利用できるとしています。


スポンサーリンク

い2

SPモードケータイは、iモードケータイの代わりになるのか?


なお生産が終了するといっても、愛好者は悲観する必要はなさそうです。
NTTドコモは、iモードケータイの2つ折りの形状やUIをそのままに、OSにスマートフォンと同じAndroidを採用した「spモードケータイ」を提供中。こちらはGoogle Playやタッチパネルには非対応。十字キーとテンキーで操作するなど、従来のiモードケータイと同じ使い勝手を実現しています。

使い勝手だけは…
携帯に求めるのは「話しをするだけ」と言う人も多いはず。SPモードケータイは料金が違うので、客単価を上げる為のドコモの策略なのか?


引用:Engadget Japanese
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。