日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
indigo ia end


川谷絵音(えのん) 本名:川谷健太(かわたにけんた)  半年ぶりテレビ生出演で「好きだ」歌う…「初めて書いたストレートな曲」

およそ半年ぶりのテレビ生出演となったミュージシャンの川谷絵音が8日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」(金曜、午後8・00)に、ボーカルを務めるバンド「indigo la End」のメンバーと生出演した。


 川谷は登場すると「indigo la Endの音楽はこういうものだという姿を真摯にお見せしたいと思います」と挨拶した。

 この日は新曲「藍色好きさ」をテレビ初披露。川谷はこの曲を昨年9月ごろに書いたが、4、5回以上、歌詞を書き換えたことを明かし「初めてストレートな曲を書きました。最初とは180度、違う歌詞になりました」と「ストレート」な思いを込めた歌であることを伝えた。

 同曲のサビは「君が好きだってこと以外は/この際どうだっていい」というもので、運命的で一途な恋を連想させる歌詞の多くが、不倫騒動の相手だったベッキーについて歌っているのでは?とネット上などで話題になっている。

 川谷のテレビ生出演は、1月6日に騒動が起こった直後の1月22日以来、半年ぶりとみられる。



*「ゲスの極み乙女」と「indigo la End」の二つのバンドを束ねる川谷絵音

ゲスの極み乙女。は2012年に結成されたバンド、indigo la Endは2010年に活動開始したバンド。
この二つのバンドのボーカルギター、作詞作曲をつとめているのが同一人物だというから驚きです。それが、川谷絵音です。

ボーカル、ギター、シンセ、2バンドの作詞作曲はすべて彼が行っています。
二つのバンドのボーカルで、音楽界ではかなり期待されています。

スポンサーリンク

ゲスの極み乙女2


タレントのベッキーがインスタグラム&ツイッターを再開した5日、不倫相手だったロックバンド「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音もツイッターを更新。イラストレーターのリリー・フランキーとの思い出をつづったものの、コメント欄には相変わらず「ベッキー」いじりの文言が並んだ。

川谷は、ツイッターで、初めてテレビ出演を果たした番組がTBS系「Sound Room」という音楽番組だったと告白。司会のSMAPの中居正広とリリー・フランキーの前で「キラーボール」という歌を披露した思い出をつづった。

そのリリーと約3年ぶりに再会し、「キラーボール歌ってと言われカラオケで歌った。同じ曲を3年後に同じ人の前で歌うとは思わなかった。感動」とツイート。ファンからは「その番組をみて好きになった」「素敵な話ですね」などのコメントもつづられたが、一方で「いつかベッキーに歌ってあげて」「ベッキーが復帰する事におめでとうぐらい言ったんか?」といった辛辣コメントもあったようだ。。

 

引用:デイリースポーツ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。