日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下奈緒&市原隼人、恋人同士を熱演!  

松下1

『ドラマ特別企画 往復書簡~十五年後の補習』

松下奈緒&市原隼人、恋人同士を熱演!湊かなえの小説「往復書簡」をドラマ化 

女優・松下奈緒と俳優・市原隼人がTBS系スペシャルドラマ『ドラマ特別企画 往復書簡~十五年後の補習』に出演。
『Nのために』『夜行観覧車』などで知られる人気作家・湊かなえ氏による小説『往復書簡』(幻冬舎文庫)所収の『十五年後の補習』をドラマ化した本格心理サスペンスに挑む。

同作はOLの岡野万里子(松下)が辺境の国へ赴任中の恋人・永田純一の間で交わされるエアメールの中で、2人が中学生の頃に関わったある事件の真相がひも解かれていく物語。

上質な心理サスペンス。『夜行観覧車』(2013年)、『Nのために』(2014年)に続く湊作品のドラマ化で、短編集「往復書簡」(幻冬舎文庫)に収められている「十五年後の補習」が原作となっている。『アイムホーム』(2015年、テレビ朝日系列)、『スペシャリスト』(2016年、テレビ朝日系列)などを手がけた監督・七髙剛と、『ストロベリーナイト』(2012年、フジテレビ系列)、『カラマーゾフの兄弟』(2013年、フジテレビ系列)などを担当した脚本家・旺季志ずかが、登場人物たちの背景を掘り下げるオリジナルストーリーを追加し、よりドラマティックに仕上げた。

松下が演じるのは、中学生の頃に同級生間で起きたある事件に巻き込まれ、ショックで事件前後の記憶を失っている主人公・岡野万里子。幼い頃から正義感が強く、一本気な性格。事件から15年が経ったある日、昔の事件と関連した新たな殺人事件が起こり、失ったはずの記憶が断片的に蘇っていく。

また、万里子の恋人・永田純一役を演じるのは市原隼人。純一は15年前の事件で万里子を救い、以降万里子をずっとそばで支えてきた。…

だがある日突然、国際ボランティアとして海外へ旅立ってしまう。新たな殺人事件が起こり戸惑う万里子と、遠く辺境の地から手紙のやりとりを交わす。

さらに、ドラマオリジナルのキャラクターで、15年前の事件と現在の事件を共に担当する刑事・亀山隆三を鹿賀丈史が演じる。事件解決の糸口を探るため、万里子から封印された15年前の記憶を引き出そうとする役どころだ。

スポンサーリンク

松下3


TBS系で9月30日に放送予定

松下奈緒と清家優輝プロデューサーのコメントは以下の通り。

<松下奈緒>
――意気込み
湊かなえ先生の作品はいつも読ませていただいています。どの作品も、思ってもみない展開にいつもドキドキさせられています。原作も、万里子と純一の手紙のやり取りにドキドキしました。サスペンスでもあり、ラブストーリーでもあると私は思ったので、万里子と純一の心の動きを丁寧に演じたいと思いました。

――役作り
万里子は“十五年前のあの事件”以降、必死に前を向こうと生きてきましたが、いつも胸に何かを抱えています。事件の記憶が無いが故に、自分が被害者なのか加害者なのかもわからない万里子が、純一さんとの手紙のやりとりや当時の話を聞いて真実を紐解いていく中で、知らなかったことを知っていく衝撃や驚きを大切に演じました。

――見どころ
最後まで本当に犯人がわかりません。息子を守りたい母親。恋人を守りたいと思う優しさ。様々な愛情が、15年前の事件を知ることで明らかになっていきます。見てくださる方も、事件の真相を知っていく万里子と同じ気持ちで、ハラハラ、ドキドキしながらご覧いただければ嬉しいです。…


<清家優輝プロデューサー>
「往復書簡」はタイトル通り、手紙のやりとりで綴られる物語です。過去と現在の事件が交差し、二転三転していく15年前の真相。明らかになる衝撃の真相と、切ない嘘。魅力的で演技派の豪華キャスト陣が彩り、上質なミステリーをお届けします。また、心に刺さるラブストーリーとしてもお楽しみいただけますので、ぜひご覧ください!



引用:オリコン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。