日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都職員が『ホンネで選ぶ“なってほしい” “絶対に嫌”な都知事  

都庁舎


公私混同男の辞職に伴う東京都知事選挙がリオ五輪開幕直前の7月31日に投開票が行われることになった。
7月14日の告示を控え、小池百合子衆議院議員(63)が自民党の推薦がなくても都知事選に立候補する方針を表明し、「しがらみのない選挙、しがらみのない都政を訴えていきたい」と話している。
自民党都連は、前岩手県知事の増田寛也氏の擁立を目指していて、小池氏の出馬により分裂選挙になる公算が大きくなっている。増田氏の最終判断が焦点。
他にも、各勢力の思惑交錯していて各メディアが連日報道しているが、都民、特に都庁職員のホンネはどうなのか。

スポンサーリンク

小池百合子1


東京都庁の職員の間では「次の都知事はこの人がいい」「コイツにだけは絶対なってほしくない」と、次期リーダーとなる人物の話題が日々飛び交っている。選挙前に候補舎とされる人物の人気、不人気ぶりを炙りだしてみた。
自民党から勝手に出馬表明した小池氏だが、職員間では目下『人気NO,1』を獲得している模様。「マスコミ対応がうまく、猪瀬さんや舛添さんのような大炎上のリスクなく都政に打ち込んでくれそう」(30代男性職員) 「女性都知事の誕生を以前から期待していたので、小池さんに選挙で勝ってほしい」(40代女性職員) 「都議会のドン、内田茂氏と距離を置く小池さんが知事になって、議会を浄化してほしい」(50代男性職員) といった期待の声が上がっているのだ。ただこんな指摘も。「権力欲の塊みたいでイヤ。舛添さんと同じタイプ」
小池氏に次いで待望論が強いのは、昨年末に政界を引退した前大阪市長の橋本徹氏(47)だが、悪評も同程度あり、人気、不人気ともに2位と評価は二分している。「都知事になれば、石原元都知事との強いコネクションも生き、円滑な運営ができそう」(40代男性職員) 「劇場型政治を都政に持ち込まないで欲しい。モメごとでトバッチリを受けるのは我々」(40代男性職員) 「職員への締めつけがキツくなりそうでイヤ」(20代男性職員)
そして、『不人気NO,1』の輝いたのは、根強く出馬の噂がある東国原英夫氏(58)だ。都庁職員間で噴出する拒絶の声とは、「あんな口先だけの男が上司だなんて、耐えられない」(20代男性職員) 「たけしさんや橋本さんに媚を売って成り上がりうとしているのがミエミエ。都知事の器じゃない」(40代男性職員) 女性からは特に嫌われているようで、「昔から女性関係に汚い印象があって、生理的に不快」(30代女性職員)  さんざんな言われようだ。
自民党都連の説得を断った桜井氏は「間違いなく優秀。地味でもこういう人がいい」(30代男性職員) 逃げられた魚は大きかったようだ。 都庁の職員達は、新都知事の品定めをしている。
他にも、出馬の可能性が報じられた、ソウル五輪金メダリストの鈴木大地スポーツ庁長官(49)は人当たりもよく、スポーツ庁長官としての手腕も見事。新しいリーダーの誕生に期待します」とエールを贈る。
民進党の蓮舫参院議員(48)を「もしも、あんな人が知事になったら、民間企業に転職します」(40代男性職員) と真顔で拒否。

彼らにとって次期都知事がだれになるかは、我が身に降りかかる切実な問題なのだ。

引用:週間アサヒ芸能、時事通信
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。