日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孝太郎氏と進次郎氏が…“ママ”と涙のお別れ  

小泉1


小泉元首相が涙で声詰まらせ姉道子さんとお別れの会

小泉純一郎元首相(74)の姉で、20日に死去した小泉道子(こいずみ・みちこ)さん(享年84)のお別れの会が28日、神奈川県横須賀市内でしめやかに営まれた。

道子さんは、小泉元首相が離婚した後、長男の俳優小泉孝太郎(38)、次男の小泉進次郎衆院議員(35)にとっての「育ての親」だったことで知られる。

会には、小泉元首相、孝太郎、進次郎氏ら家族のほか、親交があった多くの関係者が参列。喪主を務めた小泉元首相はあいさつに立ち、涙で何度も声を詰まらせながら、「優しく、謙虚で、よくできた人だった。留守がちだった小泉家をしっかり守ってくれた」と、故人をしのんだ。

スポンサーリンク

小泉2

母親代わりとして中心的な存在だった

小泉元首相自身が離婚した際、孝太郎は4歳、進次郎氏は1歳だったとした上で、「母親代わりとして(家族の)中心的な役割だったのが、故人だ。(孝太郎、進次郎氏の)2人には、『ママ』と呼ばせていた。家にママがいて、温かく迎えてくれたことは、孝太郎や進次郎の精神安定にも、寄与してくれたと思う」と明かした。

その上で「晩年は、孝太郎、進次郎が健やかに成長しているのが、何よりの生きがいだったと思う。2人の活躍を大変楽しみにしていたようだ」とも話した。  これからは、天国から2人のことを見守ってくれることだろう。


引用:日刊スポーツ‎、日刊ゲンダイ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。