日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高島1


不倫相手も妻に面通し それでも高島礼子は未練タラタラ……“やりたい放題”だった高知東生



元夫で俳優の高知東生被告が覚せい剤取締法違反などの容疑で起訴された、女優の高島礼子。高知被告は先月29日に保釈されたが、今月1日、離婚届を提出したことが高島の事務所から発表された。

「保釈前、一部マスコミで、高知被告が留置されている警察署から署名・押印した離婚届を高島に送っていたことが報じられた。高知被告の保釈後、2人は会わずに電話で話し合い、離婚を決断。その際も、高島は決して高知被告を責めず『お疲れ様』と温かい言葉をかけたという」(週刊誌記者)
 
高島を納得させるのには時間が掛かった。離婚に対して最後まで反対したのは、夫の高知ではなく、高島の方だった。いまだに未練がある感じを見せている」(両者を知る東映関係者)

結婚当初から“格差婚”といわれ続けていた高島と高知被告。結局、最後まで高島が高知被告を甘やかしたままだったようだが、挙げ句、高知被告は逮捕時、元タレントでクラブホステスの五十川敦子被告(高知被告と同罪で逮捕・起訴)と横浜市内のラブホテルに滞在。不倫の事実まで発覚してしまったが、それでも高島はまだ高知被告との“絶縁”に未練がありそうだという。

「女性自身」(光文社/8月23日・30日号)によると、高島は離婚後も高知被告に月々の生活費を支援する考えを見せていたという。さらに、1997年に設立した高島の個人事務所の代表に、6年前に高知被告が就任。高知被告はその代表として報酬を得ているだけに、今後、高知被告を解任しなければ、現状のまま報酬も支払われ続けてしまうというのだ。

「いま振り返ると、高知被告は高島の名前と財力をバックにやりたい放題だった。クラブやキャバクラなど、女性のいる店に行っても、口癖は『ワシの妻、誰やと思っとんのじゃ!』『礼子はワシにほれとるんや!』などと大放言。さらにタチの悪いのは、口説こうと思っている女性がいると、『紹介しとけば安心するから!』と、次回の来店では高島を店に連れて行って紹介してしまう。もちろん、支払いは高島。芸能界を引退後、大勢を引き連れて派手に飲み歩いて金が足りなくなり、明け方に高島を呼び出して支払わせたこともあった」(高知被告をよく知る映画業界関係者)

高知被告の逮捕後の会見で高島は、五十川被告を紹介されたことを認めた。さらに、高知被告は五十川被告を自身と高島も関わる美容協会の理事にするなど、高島の目をごまかすためにあれこれ“工作”していたが、逮捕ですべての事実が明らかになってしまった。

8月31日、高知被告と五十川被告の初公判は同時刻に同じ法廷で行われるが、高島にとってショッキングな話が続々と飛び出しそうだ。

スポンサーリンク

高島2


高知東生被告の保釈金や弁護士費用の立て替えなどで高島礼子に数千万円の借金も


「高島はいまだに高知に惚れきっている。しかし、高島は花王、太田胃散、アパレルメーカーの『キング』、『日本香堂』など計4社のCMに出演している。もし離婚しなければ、契約は打ち切りになり違約金が課せられていた。金額にしたら軽く見積もっても2億円以上。また、現在出演中の連続ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)は降板しなくても済んだが、今年はフジテレビやNHKなどで3作品のドラマ出演が控えていて、さらに映画『ボクの妻と結婚してください。』も公開される。高知被告の初公判は8月31日ですが、昨今の社会事情を考えると、各方面から訴えられる可能性があったのです」(芸能事務所幹部)

しかし、離婚によって高島の仕事は安泰となったわけではない。今後の彼女には、仕事を干されるという現実が待ち構えている。

「CM契約の更改の時期になったら、間違いなく契約は終了するでしょう。ドラマや映画への出演も今後は様子見になります。離婚して高知被告の事件から話題にならなくなることはあっても、元妻だったという過去は消えません」(ベテラン女性誌記者)

その兆候はすでに表れている。高島主演ドラマ『女たちの特捜最前線』の視聴率が下がっているのだ。

7月21日に放送された初回の平均視聴率こそ11.6%だったものの、2話目(28日)は8.7%だった。続く3話目(8月44)は6.5%と、視聴率の右肩下がり止まらない。

「これは本当に危険な傾向です。高島に対して、世間が認めないという結果を突き付けたに等しい。仕事が先細ることを予兆しています。高島は高知の保釈金の500万円や、弁護士費用なども全て立て替えている。さらに、高知が経営していたエステの保証人にもなっていて、計数千万円の借金を抱えることにもなると言われている。そんな状況で仕事が減っていくのは大変なことです」(業界事情通)

離婚はしても影響を止めることはできない。


引用:サイゾー、まいじつ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。