日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚OGが、ミュージカル 「シカゴ」 ニューヨーク公演  

宝塚2

女性だけで演じるミュージカル 「シカゴ」 宝塚OGがニューヨーク公演


ニューヨークで2つの「シカゴ」

宝塚歌劇団の元トップスターたちが、世界各国で演じられているブロードウェーミュージカル「シカゴ」を今夏、本場ニューヨークで女性だけで上演。

「オール・ザット・ジャズ」などの名曲と、「フォッシースタイル」と呼ばれるスタイリッシュで官能的なダンスでつづる、虚飾と退廃に満ちた人間ドラマを、「清く正しく美しく」の宝塚で一時代を築いたOGたちがどう見せたのか。


「シカゴ」は、ミュージカル「キャバレー」「蜘蛛女のキス」などでも知られるジョン・カンダー(作曲)とフレッド・エッブ(作詞)の名コンビが楽曲を手掛け、鬼才ボブ・フォッシーの脚本、振り付け、演出で1975年初演。96年にリバイバルされて以来ロングランを続け、今年で20年目を迎えた。

宝塚OG版は、名場面を抜粋した2012年のセレクションバージョンでのトライアルを経て、14年に宝塚歌劇100周年の記念公演として全編を初演。そのパフォーマンスが高く評価され、ニューヨークの夏の舞台芸術の祭典「リンカーン・センター・フェスティバル」「Takarazuka CHICAGO」として上演されることになった。

ブロードウェーの劇場街で公演が続く本家の「シカゴ」と合わせ、ニューヨークの主要な2つの劇場で同じ演目が同時に上演されるのは初めてという。

招へい元のリンカーン・センター・インターナショナルのローレン・キールさんは「(宝塚の)名高い歴史と類いまれな特徴を観客と共有したい。前売り券の売れ行きは好調で、ブロードウェーのプロデューサーや俳優たちも強い関心を寄せています。今年20周年を迎えたブロードウェーの『シカゴ』の大きな節目を祝うのに、これ以上ふさわしい公演はありません」と期待する。

スポンサーリンク

宝塚3

「タカラヅカ」のショーケース


ミュージカル「シカゴ」の舞台は禁酒法時代の米イリノイ州シカゴ。殺人犯のロキシー・ハートとヴェルマ・ケリーが敏腕弁護士ビリー・フリンと組んで、無罪を勝ち取り、監獄からショースターにのし上がっていく姿をシニカルに描く。

リバイバル版はトニー賞を6部門で受賞。2002年公開の映画版はアカデミー賞作品賞に輝いている。日本でもたびたび上演され、米倉涼子やシャーロット・ケイト・フォックスがロキシー役を演じ、ブロードウェーの舞台にも立った。

2年ぶりの再演となる今回の宝塚OG版はニューヨークのほか、横浜、東京、大阪でも上演。ビリー役を峰さんのほか元星組トップ麻路さきさんと元宙組トップ姿月あさとさん、ヴェルマ役を湖月さんのほか元宙組トップ和央ようかさんと元雪組トップ水夏希さん、ロキシー役を大和さんのほか元雪組トップ朝海ひかるさんが演じる。

いずれも宝塚時代には、それぞれが自分の個性を生かした男役像を追求して圧倒的な人気を集めたスターたち。女看守長役を元星組・月組トップ娘役の初風諄さんと元雪組トップの杜けあきさんが演じ、その他のさまざまな役を演じるアンサンブルにも名ダンサーがそろう。

ニューヨーク公演では「シカゴ」終演後、「タカラヅカ・アンコール」と題した20分のレビューショーも上演される。
ラインダンスやデュエットダンス、背負い羽根も登場し、最後は宝塚の愛唱歌「すみれの花咲く頃」。演出を担当する宝塚の演出家の三木章雄さんは「宝塚出身者がこれだけ集まるので、宝塚がどんなものか、その一端を見せられるショーを見せたい」と意気込む。

「シカゴ」のダークな世界と、華やかなレビュー。どちらも「タカラヅカ」のショーケースとなる。


ニューヨーク公演は、リンカーンセンター内のデビッド・H・コーク・シアターで7月20〜24日(リンカーン・センター・フェスティバル公式サイト)。国内公演は、横浜・KAAT神奈川芸術劇場で7月9〜14日、東京国際フォーラムホールCで8月10〜21日、大阪・梅田芸術劇場で8月25〜31日(公式サイト)。

このブログを書いてる段階で、ニューヨーク・リンカーンセンターと横浜・KAAT神奈川芸術劇場での公演は既に終了したが東京・大阪での公演は8月なのでチケットが手に入れば是非観てみたいものだ。


引用:時事通信
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。