日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌丸、生涯現役宣言!  

歌丸3

歌丸、生涯現役宣言!「芸歴65周年記念落語会」

落語家の桂歌丸(79)が7月26日、東京・新橋演舞場で「桂歌丸芸歴65周年記念落語会」を行った。

冒頭ではせり上がりで登場し、ひとりで口上を行った歌丸。芝居好きで知られるだけに「今日は念願がかなった」と感慨深げ。
5月に50年間出演を続けた日本テレビ系演芸番組「笑点」を勇退したが、口上では「噺家を卒業したわけではございません」とあいさつ。さらに「息の続く限り取り組んで参りたい。息の続く限り落語家としての桂歌丸を見ていただきたい」と生涯現役を」宣言した。

中入り後には三遊亭小遊三(69)、三遊亭円楽(66)と芸談を披露。「円楽師匠の司会が一番やりやすかった。小遊三さんの答えの時、顔を見ているのが楽しかった。エッチがかった答えを言うときはすげえうれしそうだった」と笑点でのエピソードを明かした。

今後もやりたい落語があると語る歌丸に、円楽が「死ねませんね」と問いかけると、「死にません。死ぬときはあなたを道連れにします」と笑わせていた。 トリでは「竹の水仙」をたっぷりと演じ、大きな拍手を浴びていた。

スポンサーリンク

歌丸2



歌丸記念落語会で、共演者が不倫騒動の円楽をやり玉に!?

「桂歌丸芸歴65周年記念落語会」において豪華出演者が祝福をした。

桂歌丸(79)他、三遊亭小遊三(69)、三遊亭円楽(66)の笑点メンバーの他に、笑福亭鶴瓶(64)、立川志の輔(62)が出演。
志の輔は「楽屋では歌丸師匠を“うたもん”と呼んでいます。歌丸師匠の落語会に行くことを“うたもんGO”と言います」とはやりの「ポケモンGO」を意識したマクラで笑いを誘ったが、意外な人物が標的になった。

志の輔が口演している「のようなもの」の中で“めかけ”というセリフが出てきたが、志の輔は「これから出てくる人のことを考えて」と6月に不倫騒動を起こし謝罪会見を行った円楽の存在をにおわし「(今回の)演目を考えたのは会見の前だった」と続けて大爆笑を誘った。

続いて登場した鶴瓶は開口一番「円楽の兄さんがそこにいて『よけいなことを言うな』と言うので言いますけど、(不倫騒動の)まっただ中、俺にメールが来たんです。助けてって」 と話し、笑いを誘うなど、円楽いじりを披露し会場を盛り上げていた。


引用:スポーツ報知
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。