日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害総額は平均30万円  

s-adult.jpg


アダルトサイト巡るトラブル


法外な請求に応じてしまうケースも 被害総額は平均30万円

「無料と表示されていたので閲覧したら、法外な料金を請求された」、「未払いの利用料があるとのメッセージがスマホに届き、連絡したら『払わないと訴訟を起こす』と脅された」……こうしたアダルトサイトをめぐるトラブルが相次いでいる。

独立行政法人・国民生活センターによれば、全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数は「アダルトサイトに関する相談」が2011年から2015年まで、5年連続で1位。なかでも際立っているのが、高齢男性が被害に遭うケースだ。

「すでにお金を支払ってしまった」という60代以上の男性からの相談は、2011年度の225件から2015年度は650件と、約3倍に急増。支払ったお金の平均額は30万円を超え、2011年から2016年10月末までに寄せられた相談における合計支払い金額は、約39億7000万円にものぼる。

スポンサーリンク

adult_sozai001.gif


なぜ高齢男性が被害に遭いやすいのか?

国民生活センター相談情報部の井上竜一氏はこう話す。
「60代をすぎた男性は、定年後に自分の時間が増え、現役時代にパソコンを使っていたこともありインターネットで時間を潰す人が少なくない。それでついアダルトサイトを閲覧してしまうのでしょう。しかし、インターネットのリスクに関する知識や認識は若い人たちほどはない。若い人なら仲間うちで相談したり、いざ不当な請求画面が出てきても対処法をパパッと検索できますが、高齢者は其の辺が総じて不得意です。

定年後ならまとまったお金も持っているし、恥ずかしいという意識が強いせいか、家族はもちろん友人や元同僚などにも相談できず、『バレないうちにさっさとお金で解決してしまおう』と考えてしまいがちです。サイトの運営業者の狙いも、そこにあります」

最近では、アダルトサイトの特定の動画を観ようとすると、フィッシング詐欺を想わせる画面に切り替わりマウスでの操作が出来なくなり、03で始まる電話番号に電話を掛けないと、『情報が全て抜き取られる』という警告での詐欺も出てきたようだ。

普通、情報や閲覧は「前払い」が前提。「後から請求」は詐欺と思ったほうがいいだろう


引用:週刊ポスト2017年4月14日号
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。