日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明感のある歌声でのジャズも、ステキです。  

セイコ1


長年に渡る構想の末、松田聖子がついにジャズプロジェクトを本格始動。

1980年に歌手デビューした松田聖子。55歳を迎えた今年は、デビュー37年目にして初のジャズアルバムをリリースするという。ジャズアレンジャーで作曲家のデビッド・マシューズとタッグを組んで制作したカバーアルバム『SEIKO JAZZ』である。

この『SEIKO JAZZ』には、スタンダードの「スマイル」から映画「ピノキオ」の主題歌「星に願いを」まで10曲が収められている。

「世界最強との呼び声も高いマンハッタン・ジャズ・オーケストラがレコーディングに参加しています。加えて、オーケストラのリーダー、デビッド・マシューズがアレンジを担当。彼はフランク・シナトラなど大物アーティストのアレンジを手掛け、グラミー賞の受賞経験もある大御所です」


〈イラストは漫画家の石塚真一〉

スポンサーリンク

セイコ2


ユニバーサルミュージックの担当者がこう明かす。

「プロデューサーは、オーケストラのメンバーである川島重行さんです。元々、聖子さんと川島さんは親交があり、彼を通じてマシューズにも参加してもらいました」

聖子サンは1990年に活動拠点を米国に移転。デビューを果たしたが、“果実”を得ることはできなかった。が、その時に知り合った1人が川島氏だったのだという。

音楽評論家の湯川れい子氏がいうには、「聖子さんの全米デビューは、マライア・キャリーと同じ年という不運もあった。聖子さんは歌唱力には定評があるので、ビルボードのジャズ部門にランクインできるかもしれません」

3月29日にリリースされるのは通常盤と初回限定盤A、Bの3種類だが、収録曲は同じ。なんとも、彼女らしい欲張りな作りなのである。

そしてもうひとつの話題は…

3月30日にNHK総合で『SONGS SEIKO MATSUDA ~SEIKOのJAZZワンダーランド~』が、放送される。

番組では、同作の収録曲である“スマイル”、“追憶”をはじめ、アントニオ・カルロス・ジョビンが作曲した“静かな夜”や、自身の楽曲“SWEET MEMORIES”をジャズアレンジで披露する。収録にはマシューズが参加し、バンドを率いて演奏も行なっている。
ナビゲーターは吉田鋼太郎。

イヤ~、セイコファンにとっては堪らない年度末になりそうだ。

引用:週刊新潮、他
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。