日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリアー1

ハリアーが支持される理由とは

2016年末に発売されたトヨタ自動車の新型SUV「C-HR」が人気を博している。発売1カ月後の1月14日時点で、受注台数は約4.8万台に達したという。日本自動車販売協会連合会の統計によると、約半月しか販売していなかった昨年12月の新車乗用車車名別販売ランキングで4654台の15位に入った。今月はベスト10圏内入りが確実だろう。
ところで同じ12月のランキングを見ると、2つ下の17位にもう1台、トヨタのSUVがある。4560台を売った「ハリアー」だ。前年同月比66%増という健闘ぶりを見せた。SUVでこの2台の上をいくのは14位のホンダ「ヴェゼル」だけで、日産自動車「エクストレイル」、マツダ「CX-5」、スバル「フォレスター」などをおさえている。

3代目となる現行ハリアーが登場したのは2013年。2016年の販売台数は4万1403台と前年比3割減ながら、車名別ランキングの22位に食い込んだ。登場から4年経っていることを考えれば、人気はさほど落ちていないともいえるだろう。なぜハリアーはここまで支持を受けているのか。最大の理由はやはり、コストパフォーマンスの高さだ

1997年に発表された初代ハリアーは、北米で「レクサスRX」として発売された。日本ではレクサスブランドそのものが導入直後だったこともあり、トヨタブランドとして売られることになったが、中身は両車共通だった。ハリアーは生まれながらの「プレミアムSUV」だったわけだ。

なかでも先進性については、初代ハリアーは他のSUVを大きくリードしていた。それまでの多くのSUVは、オフロード走行を念頭に置き、頑丈なラダーフレームに粘り強さが身上の商用車用エンジンを積むという成り立ちが多かったが、ハリアーは3年前に発表された「RAV4」に続き、同クラスの前輪駆動セダンのプラットフォームやパワートレインを用いたのだった。

スポンサーリンク

ハリアー2

SUVトレンドの先駆けになった初代

おかげでハリアーは、従来型のSUVとは一線を画す先進的かつ高級感あふれるデザインや、舗装路での洗練された走りをものにしていた。ファッショナブルなデザインとスポーティな走りを楽しむクルマという、現在のSUVのトレンドのきっかけになった1台だった。

にもかかわらずエントリーモデルの価格は250万円以下と、昔も今も日本の高級車代表としておなじみの「クラウン」より、はるかに安かった。多くのユーザーがハリアーに殺到したのは当然だ。

ハリアーが成功すると、まもなくBMWやポルシェなどが、やはり同クラスのセダンのプラットフォームやパワートレインを活用することでSUVの新型車を送り出し、ヒットにつなげた。その流れは最近のベントレーやマセラティにまで続いている。現在のプレミアムSUVブームは、ハリアーなくしては生まれ得なかったかもしれない。

テレビCMも印象的だった。タキシードを着たライオンがハリアーを駆って仕事をスマートにこなし、女性をエスコートするシーンは、プレミアムSUVのキャラクターを的確に表現したもので、「ワイルド・バット・フォーマル」のキャッチコピーとともに、ハリアーを記憶に残る1台にしていった。

先進性をさらに強調

ハリアーの先進性をさらに強調したことが、2代目に用意されたハイブリッド車だった。トヨタでは「プリウス」「エスティマ」「クラウン」などに続く導入だったが、当時のプリウスが1.5リットルという車格相応の排気量のエンジンを用いていたのに対し、ハリアーは3.3リットルのV型6気筒という、ガソリン車の上級仕様に匹敵する大きなエンジンにモーターを組み合わせ、圧倒的な高性能と低燃費を両立していた。

高性能と低燃費を両立するというこの考え方、実はレクサスのハイブリッドカーのコンセプトであり、続いて登場したセダンのLSやGSも似たような構成になっている。しかし日本ではトヨタブランドとして販売されたので、ハリアーのプレミアム性を一層強調する結果になった。

そんなハリアーにとってターニングポイントとなったのが、日本でのレクサスRX発売だった。2009年に行われた3代目へのモデルチェンジと同時に、ハリアーはRXへ移行することになったが、ハリアーは消えなかった。存続を望む声が多かったことから、従来型を継続して販売することにしたのだ。

この時点でのハリアーは、レクサスRXと比べればひと世代古かったことになる。一方、エントリーモデルで200万円台からの設定のハリアーに対し、RXは4気筒ガソリン車がなかったこともあって最も価格の安い仕様でも400万円台スタートと、価格にはそれ以上の大差があった。これでは気軽に乗り換えできない。よって一部のユーザーは引き続きハリアーを求めることになったのである。

ハリアー人気は予想以上に根強い。そう感じたTOYOTAはこう動いた


ハリアーをグローバルカーであるRXとは切り離し、日本専用車として独自の道を歩ませることを決めた。
その回答となったのが、2013年に発表された現行3代目である。

日本に最適化
いかにもトヨタらしいのは、国内専用車となったことに合わせて、ボディを日本に最適化していることだ。具体的にはボディサイズを先代の2代目よりややダウンし、ガソリン前輪駆動車の最小回転半径は2代目から0.4メートルも小さな5.3メートルに留めている。エンジンもすべて4気筒として、ガソリン車は2リットル、ハイブリッド車は2.5リットルに縮小している。

それでも前後のウインドーを大きく倒したスマートなスタイリング、立体的な造形のインパネなど、先進と高級を感じさせるハリアーらしいデザインは受け継がれていた。もちろんエントリーモデルの価格は約280万円と、トヨタブランドにふさわしいレベルに収まっていた。

その結果、発売1カ月後の受注台数は、月間販売目標台数の8倍となる約2万台と、かなり好調なスタートを切った。その後も販売は堅調で、月間販売台数ではつねにベスト30圏内をキープしている。

2リットルクラスのSUVは、エクストレイル、CX-5、フォレスターなど、多くの国内メーカーが車種を擁する激戦区のひとつだ。しかし他車がグローバルモデルとして総合性能を追求しているのに対し、ハリアーは日本専用車として先進性と高級感に特化したクルマづくりを行ってきた。ライバルとは明らかに方向性が異なる、孤高の存在なのである。これが根強い支持につながっているのではないかとみている。

個人的には、2リッターターボモデルも欲しいところだが。 
最近登場したC-HRもまた、グローバルモデルである。車格はハリアーに近いが、方向性はかなり異なる。ゆえにC-HRが発売されてもハリアーが食われることはなく、昨年12月の統計で両車がほぼ同じ順位で並ぶという現象が起こっているのだろう。この人気はどこまで続いていくのか。C-HRはエンジンタイプや駆動方式の充実することで、販売台数ともども、気になるところである。


引用:東洋経済オンライン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。