日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独自のエロさの追求! 芸能人の新しい営業法   

由香1

独自のエロさを追求! ネットを盛り上げる「#グラドル自画撮り部」


タレントにとって、今や欠かせないツールになっているSNS。若手の多くは自己アピールやファンサービスの場として積極的に活用しており、それが仕事につながるケースも少なくない。その中でも特にネットで有名なのが「グラドル自画撮り部」だ。

 “尻職人”こと人気グラドルの倉持由香(25)が発起人となり、2014年にスタートしたグラドル自画撮り部。これ以前から倉持はTwitterに自撮りを投稿していたが、画像に「#グラドル自画撮り部」のハッシュタグをつけたのが始まりだ。以降、さまざまなグラドルが同じタグをつけて自撮り写真を投稿するようになり、現在では500人を超える“部員”が日々セクシーショットを披露している。

当時、AKB48グループをはじめとするアイドル勢がグラビアで活躍する姿を見て、“グラドル復活”を思い部を発足したという倉持。自撮りを毎日何枚もアップした彼女のフォロワー数は一気に3万人以上になり、大きな話題を呼んだ。それと共にグラビア活動を活発化させた彼女は、今やグラビア界のトップランナーのひとりだ。ちなみに現在の倉持のフォロワーは22万人以上いる。

そんな倉持と共に部を盛り上げているグラドルが副部長の吉田早希(28)だ。倉持が尻なら自分は胸と言わんばかりに、吉田は豊満なバストをウリにした画像を頻繁に投稿。その胸は「標高90センチHカップの名峰・吉田山」と称され、多くのグラビア好きを魅了する。バニーやメイドといったコスプレショットも豊富で、「サービス精神がハンパじゃない」と評判だ。

また「書記」の塚本舞(26)は、雑誌「BUBKA」(白夜書房)にて連載コラム『塚本舞の#グラドル自画撮り部通信』を執筆しており、書記という役職にちなんだ活動で部の認知度を上げている。

そんな自画撮り部で今年注目度を上げた若手といえば、キュートな顔立ちと似つかわしくないド迫力のHカップバストを持つ志崎ひなた(19)だ。


スポンサーリンク

由香2

キュートな顔立ちとド迫力のバストを持つ志崎ひな


Twitterの更新がマメなのはもちろん、リツイートしてくれた人全員にリプを返すことで知られる志崎。今夏放送された深夜バラエティでは、ダイエット企画に挑戦し見事に7キロの減量に成功して、プロポーションに磨きをかけた。この影響もあり、Twitterのフォロワーが急増。自室で撮っていると思われるプライベート感満載の写真でファンを癒している。

また、倉持が「エース部員」に指名する鈴木咲(29)も人気拡大中。黒髪ショートで美形の鈴木は胸が控えめなタイプだが、それをアピールするように「夜中のまな板」というタイトルで自撮りをアップする。リツイート数は部内でも指折りで、巨乳系グラドルが目立つ中、スレンダーボディーを武器に戦う彼女には応援メッセージも多い。

さらにレースクイーンとしても活動しているMIU(年齢非公表)は、部長の倉持と並ぶ投稿数の多さでファンを刺激した。スリーサイズ上からB83・W58・H88(cm)のプロポーションを生かした過激なビキニショットが多く、今後は部を牽引する存在に成長しそうだ。

こうした自画撮り部員たちがネットを盛り上げた一方で、今年はモデルとグラビアを両立させる“標高90センチHカップの名峰・吉田山”が台頭した1年でもあった。倉持も“モグラ”の存在が気になるようで、先日のインタビューでは「黒船が乗り込んで来た」と脅威に感じていることを素直に明かしている。だが倉持は自画撮り部には「グラドルならではのエロさがある」と胸を張る。

アイドルに負けまいと部を立ち上げられたグラドル自画撮り部には、2017年も、更なる独自のエロさを追及してほしい。

引用:メンズサイゾー
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。