日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類愛を歌い上げた名曲  

あすか1

ASKA “幻の新曲” 「純真無垢な歌詞で人類愛歌い上げた名曲」

お蔵入りするなんてもったいない


「12月末にネット配信されるはずだった新曲はメチャクチャいい曲です。あのねっとりとまとわりつくような歌声は健在。純真無垢な歌詞で人類愛を歌い上げた名曲です。お蔵入りするなんてもったいない! サポートしたメンバーは落胆しています」

ASKA(58)の“幻の新曲”を聴いた音楽関係者は、残念そうに打ち明ける。

11月28日、覚せい剤取締法違反の疑いでASKAが逮捕された。2度目の過ちに多くの人がショックを受けている。

中でも執行猶予中のASKAをサポートし続けてきた妻は現在、立ち直れないほど弱っているという。新曲を誰よりも待ち侘びていたのも妻だった。妻の知人が言う。

「最初の逮捕時に愛人の存在まで明らかになった。それでも彼女は更生を信じて離婚せずに、薬物依存治療を支えてきた。再び薬物に手を出さないよう常に監視をしていたようですが、ASKAさんが創作活動に没頭する時だけは目を離していたそうです」

レコーディングは、都内に自分のスタジオがあるにもかかわらず、メンバーを引き連れ、福岡県まで足を運んでいた。その理由をブログでこう綴っていた。

都内の何処のスタジオも、コンプライアンスの問題で、僕には貸してくれませんでした。


スポンサーリンク

あすか3

自分のスタジオがあるじゃないか?

そうです。しかし、スタジオ稼働のスケジュール管理は他社に任せてありますので、その会社のコンプライアンスに引っかかって、結局、自分のスタジオも借りられない状況を突きつけられました。そんなとき、僕に対してドアを開いてくれたのが、故郷福岡でした

芸能関係者が言う。

「奥さんは目の届かないところに行くことに反対していましたが、“福岡じゃないといい曲が作れないんだよ!”と本人が強く望んだようです。サポートメンバーの福岡までの交通費や宿泊費はASKAさんが支払ったと聞いています。福岡には彼の実家がありますが寄ることもなく、レコーディング以外はメンバーと別行動だったそうです」

逮捕の3日前、ASKAは「盗聴されている!」と、自宅から110番した。不審に思った捜査員が任意で採尿した時も、妻は陰性を信じて、トイレのドアの前で見守っていたという。


楽曲には罪は無いのだが、薬物の力で作った楽曲となるとやはり聴けないのか。
私が若かりし頃に友人達とカラオケでチャゲアスの歌を歌いまくった日々が段々ぼやけてきてしまうのは私だけだろうか。

残念でならない。


引用:週刊ポスト2016年12月16日号
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。