日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の新定番となるか?  

冬1

豊かな香りで冷えたカラダを温める「ハーブスチーム」

いよいよ冬の到来だ。
東京の都心では、11月としては54年ぶりに初雪を観測し、明治8年の統計開始以降、初めて積雪を観測した。

この時期にのぼるの話題は<温まる>ネタ。 食べ物や生活の工夫、温泉などの注目スポット、そして<温める>セラピーは定番人気だ。

寒さが苦手な人はもちろん、寒いのが平気な人にとっても<冷え>は禁物。そう「冷えは万病の元」だ。
体の冷えは、血行不良の表れでもある。血液の循環が悪くなれば、酸素や栄養素が行き渡らなかったり、老廃物の排出が滞ったりと代謝が悪くなり、全身の活力も低下する。

そこで最近では、カラダを温めることで治療効果を発揮する「和温療法」が注目されている。
「和温療法」とは、「室内を均等の60℃に設定した遠赤外線乾式サウナ治療室で全身を15分間温めて、サウナ出浴後さらに30分間の安静保温を追加して、最後に発汗に見合う水分を補給する治療法」だ。

発汗作用を促す通常のサウナと違い、全身の血管機能の改善を目的とし、湿度や温度、時間の設定が厳密だ。長年の臨床での実施の裏付けもあり、慢性疲労症候群や慢性疼痛、線維筋痛症などの慢性疾患や、さまざまな難治性疾患の人の苦痛を和らげるために、取り入れる医療機関が登場している。

ほかにも「気分・食欲・睡眠・便通を是正し、鬱気分を軽減」させる効果もあるので、病気の治療に限らず、さまざまな不調の治療や予防にも適しているという。温かいサウナに入った後、ゆっくり休んで水分補給すれば健康回復するなんて、ぜひ試してみたい気持ちの良さそうな治療法だ。

カラダを温めるセラピーは、とくに冷えに悩む人が多い女性には、気持ちまでほっこりとリラックスできるため、人気が高い。

スポンサーリンク

冬2

蒸したハーブの香りと薬効で美容効果も。世界中に存在する「ハーブスチーム」のセラピー

「ハーブスチーム」のセラピーは古今東西にある。日本では、韓国発の「よもぎ蒸し」がブームの兆しだが、中医学で「人の健康は汗と密接な関係にある」とする中国伝統の「漢方燻蒸療法」もある。
シナモンやクローブなどのハーブを用いたトルコ式スチームバス「ハマム」、ウコンやレモングラスなどのタイハーブを用いたタイ式の「スチームテント」など――。薬草を蒸す、温めるというアプローチは、古くから世界各地で取り入れられてきた。


自宅で手軽に楽しむならタイ伝統の「ハーブボール」

自宅で手軽にハーブスチームを楽しむこともできる。タイ伝統の「ハーブボール」をオススメだ。10~20種類の薬草がぎゅっと詰まった、手のひらサイズのボールを温め、全身にポンポン当てていく簡単なセラピーだ。

体を芯から温めて、深いリラックスを誘い、自律神経やホルモンバランスの改善にも働きかける。カラダ全体がゆるみ、腰や肩の凝りがほぐれ、手足がじんわりと温まる。なにより薬草の香りが心地いい。

ハーブボールには、タイの薬草に限らず、日本の野草や薬草を用いた日本式の和草ハーブボール(ハーブボールセラピスト協会http://hbta.jp )も誕生している。

冬ならヨモギ、ユズなど季節の和ハーブをふんだんに用いる。ドクダミ、スギナ、玄米などもミックスされた香りが部屋に充満すると、懐かしくてホッとする気分になり、心身がリラックスできるだろう。

いずれにしても、本来は蒸して使われるハーブボールだが、自宅ではレンジで温めるだけで十分に効果を得られる手軽さが、じわじわと人気を博している理由だ。

ヨモギにユズに玄米の香り……。とにかく、冬場の<温まる>ネタは、聞いただけでも心までほっこりするから不思議だ。
次回は、お風呂の話題を…

引用:ヘルスプレス
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。