日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲酒と最も強い関連性が認められた“癌” とは  

休2

酒豪の女性は注意! 飲酒による「乳がん患者」が増加~若い時期から「休肝日」の習慣を

 
飲酒による乳がん患者が増加中…

こんな知見を突き付けられたら、酒好きの方々は、どう反応するだろう?

つまり、世界保健機構(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)は、アルコール飲料を「グループ1の発がん性物質」に分類しているという事実を知ったとしたら……。

同研究班が「飲酒する人」と「飲酒しない人」のがん発症リスクを比較検証し、新規がん症例数の約5%、年間死者数の4.5%に「アルコールが関与している」との実態結果を算出したのだ。

論文の共同執筆者である研究員のひとりは、「飲酒によってがんが引き起こされる恐れがあるというこの事実に、いまだ多くの人が気づいていない」と、警戒心を表明している。

飲酒と最も強い関連性が認められた「乳がん」

なかでも女性層により知ってほしいのは、飲酒と最も強い関連性が認められたのが「乳がんの新規診断例だった」という点だ。
それがアルコールに起因する全がん症例中の4分の1以上を占めたそうだから、女性愛酒家としては侮れない。

前出の研究員も「乳がんの発症リスクが、アルコール類の摂取量に比例して増加するのは明らかである」と強調している。次いで関連が強く指摘されたのは大腸がんであり、こちらは全体の23%を占めた。



スポンサーリンク

休1


若い時期から「休肝日」の習慣を

「休肝日」とは文字どおり、肝臓を休ませてあげる推奨日であり、理想的には週3日、それが無理ならば週2日でも設ければ、心臓疾患や循環器疾患による死亡リスクは軽減できるとされている。

愛酒党のなかには「死ぬまで休むことないのが肝臓の宿命、酒を控えて暴食すれば『休肝日』どころか逆効果なわけだし、飲もうが飲むまいが大差ないよ」的な詭弁を口になさる向きもおられるが、どうだろうか。

2日間(48時間)連続で酒断ちすれば、体内のアルコール分はほぼ100%分解されるといわれる。一方、昨年1月に公表されたコペンハーゲン大学病院(デンマーク)の研究報告によれば、アルコール性肝硬変の発症リスクは「過去の飲酒量」よりも「最近の飲酒量」のほうが高い関連性を示唆している。

男性患者同士の比較検証の結果、毎日の飲酒習慣を持つ人々の場合、週2~4回の頻度で嗜む人々の3.65倍の発症リスクを算出した。加えて、40代・50代を迎えてからの最近の飲酒量は高い関連性を示したが、もっと若い20代・30代の時期の飲酒量はとくに関連性を認められなかった。

だが、この結果を「若い時期は無茶も効くらしい」と解釈するのは早計だ。過去の飲酒量が高リスクに関連しないという傾向は、そのぶん早い時期よりアルコール依存症からの脱出を計る治療に有益である――そう考えるのが専門筋の知見というものだ。

さて、今若いアナタなら今のうちから48時間の休肝日習慣はつけられるだろうか? 
又、「もう四十路を過ぎたから関係ないし……」というのもNG。四十路・五十路の愛酒党こそ、今夜、明日から酒を抜いてみよう。
 
引用:ヘルスプレス
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。