日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新のライカのカメラ。¥いくら¥なら買いますか?  

ライカ2


ライカのロゴが入ったカメラを持つのが夢だと言う人も多いのではないでしょうか。

11月19日にあなたのそんな夢を叶えるカメラが登場しました。

今すぐ買える。それがライカ初のインスタントカメラ『ゾフォート』


嘗てはポラロイドやチェキといった「インスタントカメラ」があり、そこそこ人気ものになり楽しく使ったものでした。

撮ったその場で現像される「インスタントカメラ」の写真って、どこかアートっぽく見えたりノスタルジックな雰囲気を醸し出せたりして面白いですよね。

嘗てはポラロイドやチェキといった「インスタントカメラ」があり、そこそこ人気ものになり楽しく使ったものでした。

撮ったその場で現像される「インスタントカメラ」の写真って、どこかアートっぽく見えたりノスタルジックな雰囲気を醸し出せたりして面白いですよね。

スポンサーリンク

ライカ1


今すぐ買える!

このたび、高級カメラで有名な「ライカ」が、インスタントカメラ『ライカ ゾフォート』が、2016年11月19日より発売されました。 
希望小売価格はなんと!3万4560円

『ライカ ゾフォート』は、昔のポラロイドカメラのように、撮影後すぐに撮った写真を見たり共有して楽しめるインスタントカメラ。ライカならではの美しいデザインのボディはスタイリッシュで、ホワイト、オレンジ、ミントという3色のカラーバリエーションがあります。

ボディー前面に付いてるミラーで「自撮り」も簡単!
カメラとしての機能は、内蔵フラッシュを作動させずに被写体を自然光で撮影する「自動モード」をはじめ、「パーティー&人物」、「スポーツ&アクション」、「接写」などの撮影モード、「二重露光」や「長時間露光」といったクリエイティブな撮影モード、そして「セルフィーモード」や「セルフタイマー(2秒または10秒)」を搭載しています。さらに、ボディ前面には「自撮り」の時に便利な長方形のミラーも付いているなど、現代のニーズにもバッチリ応えてくれます。

フィルムはカラーとモノクロを用意
フィルムは、カラーとモノクロの両方が用意されているので、モノクロ派の人も満足できそう。フレーム部分は温かみのあるクリーム色なので、インスタント写真のノスタルジックな雰囲気によく合います。カラーおよびモノクロフィルムは10枚1組のパックが販売されます(カラーフィルムには20枚分のダブルパックもあります)。

スタイリッシュな3色展開!アクセサリーも豊富。
また、アクセサリーが豊富にラインナップされているのも嬉しいところですね。カメラの持ち歩きに便利な専用ストラップ(ミント、オレンジ、ブラック&ホワイトの3色展開)や専用ケース(ブラックとブラウンの2色)をはじめ、「ポストカード」(異なるデザインの3枚1組)や写真を入れて平らな面に取り付けてフォトフレームのように飾れる「フォトディスプレイ」、想い出を楽しめる「フォトアルバム」、さらにはアクセサリー類や写真を収納できる3個セットの「ストレージボックス」(ミント×ブラック、ホワイト×ブラック、オレンジ×ブラックの配色が1個ずつ)が用意されています。

ボディサイズは124×94×58mm、重さ305g(バッテリー、フィルムパックを含まず)、レンズは60mm f/12.7(35mm換算で34mm)、シャッター速度は1/8~1/400秒です。使用するフィルムサイズは86×54mm、プリント領域は62×46mm(Instax-mini)、ISO感度800、最短焦点距離は0.6m(マクロ撮影モード)となっています。

デジカメの様にバシバシ撮るカメラではないので、初めての人には新鮮な印象もあるでしょう。
楽しみ方は人それぞれ。
新しい写真の楽しみ方を見つけてみては?


引用:DIGIMONO!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。