日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなところでも“いじめ”が…  

サミット1

【G7サミット】… 各国首脳が1人の首相を集団イジメ?  ガン無視の衝撃“ぼっち映像”流出!

 5月26日と27日、イタリア南部シチリア島タオルミーナで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)。世界をリードする先進国の首脳が一堂に会し、政治・経済、治安など地球規模の問題への対処を話し合う重要な会議だ。参加国である日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・カナダは、ともに自由・民主主義・法の支配・人権などの基本的な価値観を共有しているとされる。

しかし、今回のG7サミットが、あろうことか陰湿な“イジメの場”になっていた疑惑が急浮上し、全世界に戦慄が走っている。では早速、その決定的瞬間を捉えた衝撃映像をご覧いただこう。


会議の休憩時間だろうか。各国の首脳陣が会場となったホテルのテラスで雑談に興じ、互いに親睦を深め合っている。話の中心にいるのは、やはり米国のドナルド・トランプ大統領だ。大げさな身振り手振りで、ジョークでも飛ばしているのだろう。イギリスのテリーザ・メイ首相が、大爆笑しながら彼にツッコミを入れるような仕草を見せる。それを満面の笑みで見つめる、日本の安倍晋三首相やドイツのアンゲラ・メルケル首相。実に楽しそうなムードが辺りを包み込んでいた。

――がしかし、和やかに談笑を交わすグループの傍らで1人、実に寂しそうにしている男がいることにあなたは気づいただろうか? 少し離れた位置から、なんとか話の輪に加わるタイミングを窺っているようにも見えるが、グループの人間は誰も彼のことなど気にしない。いや、視界には入っているが、あえて彼を無視しているのかもしれない。やがて、勇気を振り絞ってグループに近づこうと足を踏み出した男性だが、やはり数歩近づくだけで精一杯だったようだ。グループと男性の間には、明らかに目に見えない壁が築かれていたのだ!


各国首脳の仲良しグループから、すっかり“ハブられて”いるこの男性。実は彼こそ、カナダのジャスティン・トルドー首相その人なのである。一国の首相としてはまだ45歳と若く、イケメン。過去には鍛え上げた肉体をマスコミに披露するなど、華麗な経歴が各国首脳のジェラシーに火をつけてしまったのか、ことの真相は不明である。たしかに、G7にカナダが加わることに対する疑問の声もある、しかしそれにしても、これはあまりにも陰湿な仕打ちではないか。いったい彼の気持ちは、どれほど傷ついたことだろう。休憩の後に、1人トイレで涙を流していたかもしれないと思うと、実にやるせない気持ちが込み上げてくる。

「保護主義と闘う」とする首脳宣言を発表するとともに、各国はテロや北朝鮮などへの対応で足並みを揃えることで一致、表向きは無事に幕を閉じた今回のG7サミット。しかしその裏には、このように世界の平和や安定とはまるでかけ離れた実態があった。この世界から、1日も早くいじめが根絶されることを願って止まない。

しかもこのカナダのジャスティン・トルドー首相は過去にもこんな人から“いじめ”られていたのだ…
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

『トップ・ガン』続編について…トム・クルーズ、  

トップ1



トム・クルーズが『トップ・ガン』続編の製作を正式に認めた。

ミラマー基地にある米軍戦闘機学校で学ぶトップレベルの戦闘機パイロットたちを描いた1986年作『トップ・ガン』でマーヴェリックことピート・ミッチェル役を演じたトムは、第1作から30年の時を経て、その続編の製作が進んでおり、来年から撮影がスタートすることを明かした。

2008年頃から『トップ・ガン』続編についてはハリウッドの幹部らが製作に意欲を見せているという噂が飛び交っていた。

2012年に自らの命を絶ったトニー・スコットがメガホンを取ったオリジナル作品にはケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー、アンソニー・エドワード、トム・スケリットらが出演していた。

第1弾の中ではトム演じる若きパイロットのピートはケリー演じるチャーリー・ブラックウッドと恋に落ちる姿も描かれていた。

現在のところ第1作からどの出演者が再び登場するのかなど、詳しい情報はまだ分かっていない。
-- 続きを読む --

深田恭子 ついに熱愛発覚か?  

深2

深田恭子が20年間、第一線で活躍する理由
 
7月スタートのドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系)で、瑛太演じる主人公・七瀬五郎の相手役・四俵蘭子を演じるのが深田恭子だ。1997年のデビューから、休むことなくドラマに出続けている深田だが、今年は1月期の『下剋上受験』(同)に続いて、すでに2本目。34歳となった今も、第一線で活躍を続けている。

こうした深キョン人気が続く裏で、とある都市伝説がささやかれているという。
「実は“深田恭子ならワンチャンあるらしい”というウワサがあるんです。それは、共演した俳優だけでなく、スタッフにも……という話で、それを聞きつけた制作スタッフが、積極的に深田さんをキャスティングしたがるんですよ」(テレビ局関係者)

深田ほどの大女優ともなれば、よっぽどの人気俳優や高給取りのスポーツ選手、あるいは大金持ちの社長などでない限り、そう簡単につながることなんてできないと考えるのが普通だが……。
「深田さんは下っ端のスタッフであっても、優しく接するんですよ。実際に連絡先を交換して仲良くなった男性局員もいたようで、スタッフみんなが“深キョンだったら、俺でも仲良くなれるかも”と期待しているわけです」(同)
“深キョンワンチャンある説”は、テレビ業界だけでなく、広告業界でも知られているという。広告代理店の関係者は、こう話す。
「10年くらい前から、代理店周辺では“深田とだったら仲良くなれる”というウワサが流れていますね。だから、“CMに出せば、深田とエッチできるかも……”という不純な動機でキャスティングする代理店社員も多い。実際、デビュー以来、深田はずっとCMに出ていますからね。このウワサが功を奏しているのは間違いないです」

恋多き女として知られる深田。これまで、東山紀之、有田哲平、玉木宏、斎藤佑樹らとの熱愛が報じられ、最近は亀梨和也と交際中だという。その相手は、ほとんどが芸能人である。
「“深キョンワンチャンある説”が広まっているわりには、スタッフとの熱愛発覚はほとんどありません。10年前くらいにヘアメイクの男性との熱愛が報じられたことはありましたが、それ以外は実際にワンチャンをものにしたスタッフは皆無に等しい。結局のところ、深田さんは現場での人当たりがものすごく良くて、ただ単にスタッフに愛されているだけなんですよ。それを勝手に“ワンチャンある”と勘違いしちゃう男性スタッフが多いということなんだと思います」(前出・テレビ局関係者)

深田恭子の“人たらし”能力は、相当なものだといえそうだ。

-- 続きを読む --

「フトモモ」のちょっとカワイイ写真集  

ねこ1

猫ブームにちょっとキュートな「ネコとフトモモ」写真集が現在発売中


『ネコとフトモモ』

 CMや映画など、巷では勢いに衰えが見えない猫ブームだが、一風変わった写真集が登場した。

 4月18日に発売されのは、その名も『ネコとフトモモ』(新潮社刊)。文字通り、猫と女性の太腿だけを撮影した写真集で、無防備な太腿の間から顔をのぞかせたり、舌でペロリと舐めたりする一瞬を捉えた作品の数々で仕上がっている。ネコ好きにしてみれば、可愛い猫の仕草でもあるが、ちょっぴりエッチな雰囲気が漂う不思議な写真集だ。

-- 続きを読む --

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。