日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵文字3


NTTドコモの初期の絵文字が、ピカソやジャクソン・ポロックと並んで、ニューヨーク近代美術館のコレクションに


まだ車が自律走行したり、動くスタンプをスマートフォンで送れたりするようになる前の時代、日本のNTTドコモが携帯電話やポケットベル向けに編み出し、176種類の絵文字のセットをリリースした。

それは1999年のことだった。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

町中華もパチ屋も変わる?  

喫煙2

「町中華」も困惑? 「飲食店は原則禁煙」に!

東京五輪に向けて「受動喫煙」の攻防戦  2020年までに飲食店では原則禁煙に?

最近、「町中華」が脚光を浴びているが、町の中華食堂は旧態然とした喫煙可能な店が多い。味がレトロならば、食後の一服に関しても分煙以前の昭和の風情が燻っている次第だ。
それを覚悟で入店する際はなるべく「喫煙者」と思しき先客から離れたカウンター席などを選んで腰かける。が、後からの来店者が横に座り、食後どころか「とりあえずの一服」を吹かし始めたら、格安美味な満喫感も食べる前からすでに台無しだ……。

もし、2020年開催の東京オリンピック/パラリンピックまでに外国人観光客らの間でも「町中華ブーム」が起きたら、はたして、そのての店舗から全ての灰皿が消え去るのだろうか。その日まで、煙草を吸わない町中華好きは我慢と遠慮を強いられるのだろうか!?

いや、大丈夫。小池百合子・東京都知事は負けておれんとばかりに、五輪に向けていよいよ厚生労働省に「煙」を、いや、「重い腰」をあげさせてて、飲食店の「原則禁止」に動き出したからだ。

04年のアテネ五輪以降、開催都市が罰則付きの法令を定めるなどの対応をとっており、10年には国際オリンピック委員会(IOC)と世界保健機関(WHO)は「たばこのない五輪」の推進で合意している。舛添要一前知事は受動喫煙防止条例の制定に当初前向きだったが、その後「国全体で検討して欲しい」として見送った経緯がある。

小池氏は「国際標準にあわせられるよう、どのような措置が一番いいのか検討する」とし、受動喫煙対策をとらない施設管理者を罰則付きで規制する新法を議論中の国との連携や都としての条例化など、今後方策を探るという。

-- 続きを読む --

AKB48渡辺麻友の「一生の宝」とは?  

まゆ3


 魔法つかい? 麻友!!

アイドルグループ「AKB48」の渡辺麻友さんが10月23日人気アニメ「魔法つかいプリキュア!」(ABC・テレビ朝日系)の劇場版『映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』の舞台あいさつに登場。   

今回、テーマソングを担当している渡辺麻友さんは、「幼少期からずっと見ていたシリーズなので、今回歌わせていただけるのは幸せ。 劇中で歌が流れ出して、夢のような不思議な感じ」と感動した様子でコメント。続けて「カラオケに行くと毎回プリキュアの曲を歌うぐらい、本当に大好き」と“プリキュア愛”を披露し、「今回歌わせていただけたのは一生の宝」と喜んだ。

そんな『まゆゆ』が、5年ぶりに写真集を出したようだ。

-- 続きを読む --

“モテ男”と“非モテ男”   違いはどこにあるのか?  

酒2

 モテ男、非モテ男   爱好の違いはどこにあるのか?


モテる男が嗜んでいることと聞いて、イメージしやすいのは「お酒」だろう。
ワイン情報サイト「ワインバザール」が実施した調査結果によると、交際人数の多い人は、男女ともにお酒を毎日飲む割合が多いようだ。反対に交際人数が少ないほど、お酒を飲む頻度が少ない傾向にある。

お酒を毎日飲む男性の方がモテる?
20~69歳の男女2217名を対象にしたこのネット調査によると、5人以上と交際したことのある男性の実に41.5%がお酒を「毎日飲む」ことが判明。逆に、5人以上と交際したことのある男性で、お酒を「まったく飲まない」と回答したのは、わずか8.3%ということが分かった。

4人と交際したことのある男性だと、毎日お酒を飲む人は33.3%。3人と交際経験のある男性は22.4%、2人だと25.4%、1人だと22.2%という結果に。交際人数とほぼ比例するように、お酒を毎日飲む割合が上がっている。

そして衝撃的なのが、交際経験のない男性の調査結果。こちらは「毎日飲む」割合が8.6%、「全く飲まない」割合が35.9%と、5人以上と交際したことのある男性の解答とほぼ逆の結果になっている。

この結果に、ネット上でも「お酒をよく飲む=社交的みたいなところがあるからな」「お酒強いとカッコイイみたいな価値観ってまだあるのか?」と様々な分析が飛び交っている。


-- 続きを読む --

「ふんわり美乳」のマギーがあの審査員に…  

び3

  “ありのままの美乳”を披露して話題になったタレントのマギー

  そんなマギーも絶賛 「もっちりとした質感」 

“最も美しいおっぱい”を目指して競い合い、賞と名誉を与える『美おっぱいコンテスト2016』のファイナルイベントが10月18日、都内で行われた。 
 
グランプリ決定イベントにゲスト審査員として出席したモデルでタレントのマギー(24)は背中と胸元が大きく開いたワインレッドのロングドレス姿で登場。「こんなにおっぱいを眺められるのは、人生であまりない」と、コンテストの審査にも加わった。

「個人的には、触りたくなるようなもっちりした質感の方を選んだ。1番好みだったので選びました」と絶賛。「これを機にもっともっと女の子たちも自分のおっぱいに自信を持っていいんだと思ってほしい。美脚、美肌と同じニュアンスで表現できるようになったらいいな」と話した。


-- 続きを読む --

30年以上の時を経て今話題になっているモノ?  

エマ2

  変わり種AVブランド『エマニエル』


『エマニエル』と言えば、何を思い浮かべるだろうか?   風俗店を思い浮かべる人もいるかもしれないが、多くは、1970年代に一世を風靡したフランスのソフトコアポルノ映画の名作シルビア・クリステル主演の『エマニエル夫人』を思い出すのではないだろうか。

あの時代から30年以上の時を経て今話題になっているモノがあるという。その名を冠した熟女AVブランド『エマニエル』が業界を席巻しているというのだが…


-- 続きを読む --

ボブ・ディランに学ぶ人生の教訓  

ボブ4

ボブ・ディラン  ノーベル賞に触れず 決定後初公演

米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏はラスベガスで、ノーベル文学賞の受賞決定後初となるコンサートを開いた。
ディラン氏がステージに登場すると、観客は総立ちとなり、大歓声で迎えた。

会場のホテル内には開演前から多くのファンが詰めかけた。ファンの一人は、「1970年代からずっとファン。ノーベル賞は正当な評価だと思うよ」と笑顔をみせた。
ディラン氏は、総立ちでノーベル賞受賞後のメッセージを待つかのような観客に目もくれず、登場するとすぐにピアノに向かった。

「雨の日の女」「くよくよするなよ」「追憶のハイウェイ61」「イッツ・オール・オーバー・ナウ・ベイビーブルー」と続く。「運命のひとひねり」でギターを持つと会場は一気に盛り上がった。

ディラン氏は「詩人」と呼ばれる通り、かすれた声で言葉を一つ一つ慎重に曲に乗せ、ほぼ全ての曲を独白するような調子で歌い上げた。原曲よりもよりジャズやブルースに近い節回しの演奏が目立った。

アンコールに応えて代表曲「風に吹かれて」を演奏した後、最後はフランク・シナトラの「ホワイ・トライ・トゥ・チェンジ・ミー・ナウ(なぜ今僕の気持ちを変えようとするの?)」で締めた。ディラン氏は受賞決定後もコメントは出していない。放っておいてほしいと言わんばかりの選曲だった。

コンサートではノーベル賞受賞の話題だけでなく、曲間のしゃべりは一切なし。ステージは暗く、ディラン氏の顔もかろうじて見える程度。声と曲が強調される演出で「歌が全て」というパフォーマンスだった。会場はうなずきながら座って聞く客が大半で、落ち着いた雰囲気だった。

-- 続きを読む --

想像はるかに超えた結果に世界が驚く!  

ボブ1

ノーベル文学賞にボブ・ディラン氏、「新たな詩的表現を創造」

?スウェーデン・アカデミーは、2016年のノーベル文学賞に米国のミュージシャン、ボブ・ディラン氏を選出したと発表した。

「偉大な米国の歌の伝統という枠組みの中で、新たな詩的表現を創造した」ことが評価された。

ミネソタ州ドゥルース生まれのディラン氏は75歳。スウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務次官はディラン氏をアメリカの音楽史に「新たな詩的表現を生み出した。現代の音楽への影響は計り知れない」とし、「おそらくは存命中の最も偉大な詩人」「英語話者の伝統の流れをくむ偉大な詩人」と称賛し、その作品は古代ギリシャの詩人であるホメロスやサッフォーにも匹敵すると述べた。
ディラン氏は「風に吹かれて」「戦争の親玉」「はげしい雨が降る」「時代は変わる」「ライク・ア・ローリング・ストーン」などの作詞作曲で知られる。
音楽活動は50年以上におよび、現在も曲作りやツアーを続けている。

又、ディラン氏は一般的な文学者の範疇(はんちゅう)には属さないため、これまでの慣例とは異なる受賞者とみることもできそうだ。

-- 続きを読む --

元フィギュアスケーター村主章枝、 色気はバツグン!  

村主1

村主章枝、色気はバツグン! 橋本マナミとのセクシーポーズで話題に


11日深夜放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演したプロフィギュアスケーター・村主章枝の注目度が上がっている。
この日は「トリオTHE本厄な女」というテーマで、数え年で37歳になる村主のほか、同じく33歳になるグラビアタレントの橋本マナミとフリーアナウンサーの美馬怜子(みま・りょうこ)がスタジオに登場。つい「厄年だからね」と言いたくなるエピソードを語って番組を盛り上げた。

村主は過去の切ない恋愛エピソードを告白。最初の本厄の年には生まれて初めて男性と交際したものの3カ月で破局し、2度目では2年以上も片想いを続けた相手にあっさりフラれたそうだ。

村主といえば、情感豊かな表現力から「氷上のアクトレス」とも呼ばれるが、それを知っている司会の後藤輝基や徳井義実は彼女の恋愛経験の少なさに驚き。村主のスケーティングは多くの人に妖艶な魅力を感じさせるもので、その秘密には豊富な男性経験があると思っていたようだ。

しかし実際の村主はフィギュアに打ち込んでいたこともあって、恋愛とは距離を置いていた様子。ともあれ、現在は恋愛に積極的で、自分の魅力を多くの人に知ってもらおうと、本厄となる今年、大胆なグラビアに挑戦したという。

-- 続きを読む --

若者の味方「原付バイク」はどこへ?  

パル1

 ヤマハ・ホンダ提携が示すバイク文化の凋落

ヤマハ発動機とホンダ。1980年代にオートバイの過激なシェア争いを繰り広げた”因縁”の2社が手を組んだ。

ヤマ発は10月5日、2018年をメドに排気量50cc原付バイクの自社生産から撤退し、ホンダからOEM(相手先ブランドによる生産)による供給に切り替える方向で検討すると発表した。ヤマ発の渡部克明取締役は「自前で造り続ければ、50ccスクーターの事業が成り立たなくなる段階まで来ている」と危機感を募らせる。

かつてのライバル同士による提携は、一世を風靡したバイク文化の凋落ぶりを如実に示している。

原付バイクの人気に火がついたのは1970年代のことだった。ホンダが「スーパーカブ」で大ヒットを飛ばしてから15年以上が経った当時、顧客層の固定化と高齢化で国内のオートバイ市場は行き詰まっていた。

スーパーカブに代わる新しい需要を生み出すため、ホンダが目をつけたのが女性向けの軽くて小さいバイクだった。
そして1976年、自転車感覚で気楽に乗ることのできる「ロードパル」を、当時の価格で6万円を切る低価格で発売する。

ホンダ対ヤマハの熾烈な争い
「ラッタッタ♪」の印象的な音楽に乗ってイタリアの大物女優ソフィア・ローレンが登場するテレビCMは大きな話題となり、狙い通りに新規購入者のうち6割を女性が占めた。若年層の支持獲得にも成功し、国民的大ヒットへとつながった。
無段変速機のモッサリとした感覚は「スーパーカブ」のような自動遠心クラッチを使ったものとは違って、よく言えば未来的であり気軽な乗り物だった。

ホンダの成功を横目に見ながら、ヤマ発も1977年に原付スクーター「パッソル」を発売。スカートをはいた女性がまたがらずに足をそろえて乗ることができるようにした。エンジンや駆動系をプラスチックで覆うことで、見た目もポップで可愛らしい印象に仕上げた。
パッソルのCMに起用したのは、当時のバイクのイメージからは程遠かった女優の八千草薫。
スーパーやデパートなど、主婦層が集まる場所で試乗会を開催した。パッソルは高校生や大学生の通学手段としても受け入れられ、原付バイクが一大旋風を巻き起こした。

この頃から「HY戦争」とよばれるホンダとヤマ発の販売合戦が激しさを増していった。ホンダは1980年、ヤマ発のパッソルと真っ向勝負するスクーター「タクト」を発売する。その後も両社は立て続けの新型車投入で乱売合戦を繰り広げ、過激な競争へと発展した。

だが空前のバイクブームも長くは続かなかった。1980年代には高校生にバイク免許を取らせない、買わせない、運転させない、という「三ない運動」が展開され、若者を中心にオートバイ離れが始まった。


-- 続きを読む --

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。