日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口五郎が“福の神”に  

野口1



観光大使に就任すると遺産登録される…野口五郎が“福の神”に

歌手・野口五郎(60)が観光大使を務める東京都台東区にある国立西洋美術館の世界文化遺産登録が先日、決定した。
野口は故郷の「飛騨・美濃観光大使」にも任命されており、2014年にユネスコ無形文化遺産に登録された
「和紙:日本の手漉和紙技術」の構成資産に出身地・岐阜県美濃市の技術が選ばれている。

今年デビュー45周年の野口は芸能界の“福の神”になりそうだ。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

“ヒトラーの思想が降りてきた”  相模原殺傷事件  

相模原事件2


 「ヒトラーの思想が降りてきた」 どういう意味か?  相模原殺傷事件



神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件で、植松聖容疑者が“ナチス・ドイツの思想”に影響を受けていたことが明らかになった。

植松容疑者が措置入院中だった2月20日、病院の担当者に「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた」と話していたと、NHKニュースなどが報じた。

植松容疑者は2月18日、勤務中に「津久井やまゆり園」の職員に対して「重度の障害者は生きていてもしかたない。安楽死させたほうがいい」などと話した。

同園長らが19日に面接した際に、植松容疑者は「ずっと車いすに縛られて暮らすことが幸せなのか。周りを不幸にする。最近急にそう思うようになった」と説明した。園長が「ナチス・ドイツの考え方と同じだ」と指摘しても、「そう取られても構わない」と話し、「自分は正しい」と譲らなかったという。

施設では植松容疑者が障害者を殺す意向があると判断し、警察に通報。県警津久井署からの連絡で19日、相模原市が緊急措置入院させたが、3月に退院していた。
-- 続きを読む --

佐々木希のかくしごと 「彼と2泊3日」  

佐々木希1

佐々木希の かくしごと「彼と2泊3日」の写真集


デビュー10周年を記念する佐々木希の写真集「かくしごと」 
 入浴シーン、裸タオル、下着姿も

佐々木希(28)が、デビュー10周年記念の写真集「かくしごと」(9月26日発売予定)を刊行することが分かった。
このほど日刊スポーツの取材に応じ、写真集の見どころや、芸能生活を語った。
-- 続きを読む --

「盗撮」で 小学館に賠償命令 中森明菜さん勝訴  

中森明菜2


  “一部の行きすぎた取材、報道に警鐘を鳴らす判決だ”

 中森明菜さんが勝訴 女性セブン隠し撮り写真掲載で 「芸能活動再開に影響も」と指摘

歌手の中森明菜さんが、芸能活動休止中の2013年、女性週刊誌「女性セブン」に隠し撮り写真を掲載され精神的損害を受けたとして、発行元の小学館と男性カメラマンに2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は「芸能人であることが、自宅で過ごす姿をのぞき見られることの違法性を軽減する理由にはならない」として、550万円の支払いを命じた。
-- 続きを読む --
モームス1


人気アイドルグループ「モーニング娘。」を中心とする「ハロー!プロジェクト」(ハロプロ)が
8月30日から名古屋で定期公演をスタートさせることになった。

名古屋駅前のシネコン「ミッドランドスクエアシネマ2」(同市中村区)で週に1度行われる予定で、スクリーンに映し出される映像とライブなどを組み合わせた名古屋独自のものになる予定。 観客の収容人数は200~300人を予定している。
東海エリア発の男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)とその研究生も週に2度、同所で定期公演を行う。
公演はともに午後7時開演で約1時間半。ハロプロが名古屋で定期公演を行うのは初めてで、映画館で定期的にライブが行われるのも初めて。

7月26日の会見は、同シネコンで「モーニング娘。’16」(モー娘。)とボイメンのメンバーが出席し、集まったファンら約300人の前でイベント形式でサプライズで行われた。「モーニング娘。’16」のリーダー譜久村聖さんは「名古屋のみなさんにもっと知ってもらえるように頑張ります」と意気込んだ。



-- 続きを読む --

リオデジャネイロ・オリンピック 出場めぐる明と暗  

リオ4

「リオデジャネイロ・オリンピック 出場めぐる明暗」


リオデジャネイロ・オリンピックの開幕まであとわずかとなりましたが、ロシアだけでなく、ケニアの陸上選手やブルガリアの重量挙げ選手などもドーピングにより出場資格が剥奪されてしまいました。

今回のオリンピックは薬物問題が暗い影を落としています。

一方で、今回初めて結成された選手団もあり、明暗が分かれています。
-- 続きを読む --

歌丸、生涯現役宣言!  

歌丸3

歌丸、生涯現役宣言!「芸歴65周年記念落語会」

落語家の桂歌丸(79)が7月26日、東京・新橋演舞場で「桂歌丸芸歴65周年記念落語会」を行った。

冒頭ではせり上がりで登場し、ひとりで口上を行った歌丸。芝居好きで知られるだけに「今日は念願がかなった」と感慨深げ。
5月に50年間出演を続けた日本テレビ系演芸番組「笑点」を勇退したが、口上では「噺家を卒業したわけではございません」とあいさつ。さらに「息の続く限り取り組んで参りたい。息の続く限り落語家としての桂歌丸を見ていただきたい」と生涯現役を」宣言した。

中入り後には三遊亭小遊三(69)、三遊亭円楽(66)と芸談を披露。「円楽師匠の司会が一番やりやすかった。小遊三さんの答えの時、顔を見ているのが楽しかった。エッチがかった答えを言うときはすげえうれしそうだった」と笑点でのエピソードを明かした。

今後もやりたい落語があると語る歌丸に、円楽が「死ねませんね」と問いかけると、「死にません。死ぬときはあなたを道連れにします」と笑わせていた。 トリでは「竹の水仙」をたっぷりと演じ、大きな拍手を浴びていた。

-- 続きを読む --

「ポケモンGO」の世界的大ヒットの“ワケ”と“影響”  

ポケモン1

業界関係者が「ポケモンGO」の世界的大ヒットを“予測できなかった”ワケ

「ポケモンGO」が世界的な大ヒットとなっている。しかしアプリ業界の関係者は、ここまでのヒットになるとは誰も予想できていなかった。“アプリのプロ”がヒットを見抜けなかった理由とは。

スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が、世界各国で爆発的にヒットしている。App Storeの無料&トップセールスランキングでは、配信している34カ国全てで首位を獲得。米国では社会現象にもなっており、初登場の7月7日から21日現在まで1位を走り続けている。

日本では配信時期は未定だが、20日には日本マクドナルドが同アプリと店舗の連携を発表。任天堂を始めとする株価もぐんぐん上昇する事態は「ポケモノミクス」と呼ばれるなど、期待が過熱状態にある。

この熱狂を、実はアプリ業界関係者は誰も予想できていなかった。その理由を、スマートフォン向けアプリ分析サービスのApp Annie(アップアニー)の日本・韓国担当リージョナルディレクター 滝澤琢人さんに聞いた。

App Annieのランキングを見ると、「ポケモンGO」のアイコンが1位にずらりと並ぶ

スマホ向けアプリの特徴は、「App Store」と「Google Play」という2大プラットフォームがあることで、どんなアプリも世界の市場で戦えることにある。これまで、国をまたいで大ヒットとなったゲームはいくつか出てきている。

例えば、ストラテジーゲーム「クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)」、バトルRPG「ゲーム・オブ・ウォー(Game of War)」、パズルゲーム「キャンディークラッシュ(Candy Crush)」などが、世界でも日本でもヒットしたゲームだ。しかし、これらのゲームは全て“海外発”。「パズル&ドラゴンズ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)や「モンスターストライク」(ミクシィ)など は、日本のゲーム市場の“勝者”だが、海外展開を――となると、大成功はしていないのが現状だ。


世界でヒットしたゲームアプリ「クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)」と「ゲーム・オブ・ウォー(Game of War)」
 「ポケモンGO」は、ゲーム自体の開発はGoogleの社内ベンチャーからスタートしたNianticが担っているが、「ポケットモンスター」という日本が生んだIP(知的財産)を使っている。

「日本発のIPが、世界の市場でトップになるのは初めて。ここまでの熱狂的なヒットを、アプリ関係者は誰も予想していなかった」と言う。

 なぜ誰もヒットを予想できなかったのか。それは、アプリ業界での“常識”が原因だった。

 「もともとアプリ業界の中では、『日本のIPはニッチ』という見方が一般的になっている」

そのため海外展開の際には、ローカライズはもちろん、もともと日本のIPを好んでいるようなコアなファン層に向けてアプローチする必要があった。コア層に向けて出していくと、どうしても大きなヒットにはなりにくい――という面があった。「ポケモンGO」も、もちろんファンはたくさん生まれるだろうが、爆発的なヒットにはならないだろう……多くの関係者はそう予測していたのだ。

しかし蓋を開けてみれば、この圧倒的支持だ。「『ポケモンGO』がすごいのは、ダウンロード数や収益だけではなく、遊んでいるユーザー層の幅広さ」と滝澤さんは語る。

日本でリリースされれば、ランキング上位に来るのはまず間違いないだろうと期待が集まる「ポケモンGO」。では、アプリゲーム業界に「AR(拡張現実)」や「位置情報」のブームが来るのか……と思いきや、実はそうではないのだとか。

 「ARや位置情報ゲームは、特段新しいものでも珍しいものでも、最先端の技術ではない。『ARだから』『位置情報だから』ヒットしたという見方は違う」

 「ポケモンGO」と同じくNianticが開発した位置情報ゲーム「Ingress」。「ポケモンGO」にもそのノウハウや情報がふんだんに使われている作品だが、実はアプリ全体のランキングで見ると「悪くはない」程度の立ち位置。「位置情報ゲーム」というジャンルの中では、大成功モデルとして捉えられ、コアなユーザーも多いが、ダウンロード数やセールスのランキングで10位には入らない。


「ポケモンGO」と同じくNianticが開発した「Ingress」は、ジャンル内では大成功だが、全体としては「悪くはない」の位置。
 「『Ingress』のゲームシステムが、『ポケットモンスター』という大型IPの世界観とマッチした。現実世界での“宝探し”が魅力的なゲームになったからこそ、『ポケモンGO』はヒットした」――と滝澤さんは言う。

-- 続きを読む --

南米アルゼンチンから丸ノ内線の「赤い電車」が日本に“里帰り”  

丸の内線500 1

南米アルゼンチンに渡った「赤い電車」丸ノ内線車両、日本に“里帰り”

約20年前に引退した帝都高速度交通営団(現・東京メトロ)丸ノ内線の「赤い電車」
40年近く「丸ノ内線の顔」として活躍し、アルゼンチンに渡ってからも、日本時代ほぼそのままの状態で走っていたという、アルゼンチンのブエノスアイレス地下鉄から、“里帰り”することになりました。

1957(昭和32)年から当時の最新技術をもって製造された、赤い車体とそこにひかれた白線、弧を描くライン(サインカーブ)が特徴の帝都高速度交通営団(現・東京メトロ)・丸ノ内線の500形電車は、1996(平成8)年までに全車が引退。その一部が地球の裏側、南米アルゼンチンのブエノスアイレスで“第二の人生”を送っていました。

そこで役目を再び終えた車両が今回、約20年ぶりに“里帰り”するもので、東京メトロによると2016年7月11日(月)に横浜港へ到着。順次、中野車両基地(東京都中野区)に搬入するとのこと。そして今後、「鉄道技術の発展に貢献した車両」として保存し、教育の充実や各種イベントで活用していく予定といいます。


いったん役目を終えた車両が海外で“第二の人生”を送ることは近年、特に珍しくはありません。元・東京メトロのものでは現在、東西線や千代田線、有楽町線で使われていた5000系、6000系、7000系、05系電車がインドネシアのジャカルタで走っています。ただアジアが多く、この元丸ノ内線500形のように“地球の裏側で”というのはあまりない例です。ちなみにブエノスアイレスの地下鉄では、元・名古屋市営地下鉄の電車も走っています。

 環境意識が高まる近年、鉄道車両でもリサイクル性の向上が考慮されていますが、東京メトロではそれに加え譲渡などによるリユースで、社会貢献に努めていきたいと考えているそうです。
-- 続きを読む --

福山」雅治 「自分を変えることが出来るのは自分」  

福山1


福山雅治5大会連続夏季五輪放送参加 ロンドンに続きテーマソングも

 歌手で俳優の福山雅治さんが、8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪で、テレビ朝日系のスペシャルキャスターを務めることが分かった。福山さんが同局の夏季オリンピック放送に参加するのは、2000年のシドニー五輪から5大会連続。福山さんはカメラを片手に現地のリオから最新情報を届けるほか、前回の12年ロンドン五輪に続いて、テーマソングも担当し、テーマソングのタイトルが「1461日」であることも明らかになった。


福山雅治さんの コメント

「今回もテレビ朝日さんのオリンピック中継に参加させていただきます。
1461日』。ロンドン五輪からこんなに日数があったのに、もうリオ五輪です。
出場するアスリートの皆さんは、その日数、どれほどの努力を積み重ねてきたのか。それをリオ五輪というステージで最善の形で表現することが出来るのか。毎回なんですが、観ていてこちら側が緊張で全身が固まります。と同時にとても興奮します。」
-- 続きを読む --

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。