日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で最も住みやすい都市ランキング2017、1位は?  

メル


世界で最も住みやすい都市ランキング2017、1位は7年連続で豪メルボルン!

英国・エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテルジェンス・ユニット(EIU)」が発表した「世界で最も住みやすい都市ランキング2017」で、オーストラリアのメルボルンが7年連続で1位に選ばれた。調査は安全性、医療、文化・環境、教育、インフラの5項目で評価され、メルボルンは100点満点中97.5点を獲得した。

オーストラリア ビクトリア州政府観光局では、メルボルンが同ランキングで7年連続トップとなったことについて、オーストラリア本土で最も小さい州にありながら、自然や四季の変化などを楽しめるほか、観光地への移動時間も少ないといった魅力があると説明。

日本からは、2016年12月にカンタス航空が成田/メルボルン線を就航。2017年9月からはJALも直行便を就航予定。素晴らしい魅力が詰まったメルボルンは日本人にとってもよりアクセスしやすい注目のディスティネーションになるとしている。

「世界で最も住みやすい都市ランキング2017」のトップ10は以下の通り。発表された2017年の順位は、すべて2016年と同じ結果に。1位から4位はそれぞれ0.1点差の僅差で続いた。同ランキングは世界140か国を対象に実施している。

世界で最も住みやすい都市ランキング2017 トップ10

1位:メルボルン(オーストラリア)/97.5点
2位:ウィーン(オーストリア)/97.4点
3位:バンクーバー(カナダ)/97.3点
4位:トロント(カナダ)/97.2点
5位:カルガリー(カナダ)/96.6点
5位:アデレード(オーストラリア)/96.6点
7位:パース(オーストラリア)/95.9点
8位:オークランド(ニュージーランド)/95.7点
9位:ヘルシンキ(フィンランド)/95.6点
10位:ハンブルク(ドイツ)/95.0点

なお、過去5年間の調査でスコアがもっとも改善した都市はイランのテヘラン(2017年度総合点は50.8点、140位中127位)。次いでUAEのドバイ(同74.7点、74位)、コートジボアールのアビジャン(同49.7点、129位)。

EIUでは、昨今のテロの対象が複雑化していることに加え、これまで比較的安定していた米国でもトランプ大統領が掲げる政策などの影響について言及。今後「安定性」の面でスコアが変動する可能性もあると示唆している。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

ロシアで“ターミネーター”開発か?   

ロシア1


銃2丁操り射撃を行うロシアの自律型ロボット「FEDOR」


銃も操る自律型ロボット、ロシアが開発

ロシアの副首相は、標的に銃撃したり車を運転し、道具を使いこなせるなどの機能を持つとする人型ロボット「FEDOR」のビデオ映像をツイッターの自らの公式アカウントに掲載した。
自律的な性能を持つこのロボットは、ロシア政府機関「ロシア先端研究事業基金」が開発。ソフトウエアはコンテストを開いて競わせているという。
-- 続きを読む --

遂にロボコップの世界が現実に!  

ドバイ1


ドバイ警察、自動走行車導入へ 

警官もパトカーもロボットに



シンガポール企業が開発した「O-R3」。 ドバイ警察が年内にも導入する

世界中の高級車やスーパーカーをパトカーとして採用して話題になったアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの警察だが、
今度は、なんと自動走行パトカーの「O-R3」が登場する。

5月から導入されたロボット警官に続き、ドバイ警察が展開する「スマートドバイ」プロジェクトの一環となる。

O-R3はドバイ警察がシンガポール企業のOTSAWデジタルと契約して、年内に導入する。別名は「自律型屋外防犯ロボット」。

車体の大きさは全長120センチ、幅60センチ足らずだが、
多数のセンサーや360度の高精細カメラ、赤外線画像装置、レーザースキャナー、光検出・距離測定装置のLIDARを搭載。位置情報把握と地図作成を同時に行うSLAM技術を使って周辺の状況を認識しながら走行し、100メートル先にある物体まで認識できる。
O-R3を使えば、顔認識や指名手配車両の発見、路上などに放置された物体を発見して警察の指令センターに通報することも可能。データはモバイルアプリ経由でも取得できる。
-- 続きを読む --

オバマ前大統領が投稿した一文に、記録的な「いいね」  

オバマ2



「生まれながらに人を憎まず」、オバマ氏の投稿に記録的反響


ワシントン(CNN) 米バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義グループと反対派の衝突事件を受けて、オバマ前大統領がツイッターに投稿した一文に共感が広がり、記録的な数の「いいね」を集めている。

オバマ前大統領は12日の投稿で、人種差別と闘った南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の自伝「自由への長い道」(1994年)の一節を引用した。
-- 続きを読む --

こんなところでも“いじめ”が…  

サミット1

【G7サミット】… 各国首脳が1人の首相を集団イジメ?  ガン無視の衝撃“ぼっち映像”流出!

 5月26日と27日、イタリア南部シチリア島タオルミーナで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)。世界をリードする先進国の首脳が一堂に会し、政治・経済、治安など地球規模の問題への対処を話し合う重要な会議だ。参加国である日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・カナダは、ともに自由・民主主義・法の支配・人権などの基本的な価値観を共有しているとされる。

しかし、今回のG7サミットが、あろうことか陰湿な“イジメの場”になっていた疑惑が急浮上し、全世界に戦慄が走っている。では早速、その決定的瞬間を捉えた衝撃映像をご覧いただこう。


会議の休憩時間だろうか。各国の首脳陣が会場となったホテルのテラスで雑談に興じ、互いに親睦を深め合っている。話の中心にいるのは、やはり米国のドナルド・トランプ大統領だ。大げさな身振り手振りで、ジョークでも飛ばしているのだろう。イギリスのテリーザ・メイ首相が、大爆笑しながら彼にツッコミを入れるような仕草を見せる。それを満面の笑みで見つめる、日本の安倍晋三首相やドイツのアンゲラ・メルケル首相。実に楽しそうなムードが辺りを包み込んでいた。

――がしかし、和やかに談笑を交わすグループの傍らで1人、実に寂しそうにしている男がいることにあなたは気づいただろうか? 少し離れた位置から、なんとか話の輪に加わるタイミングを窺っているようにも見えるが、グループの人間は誰も彼のことなど気にしない。いや、視界には入っているが、あえて彼を無視しているのかもしれない。やがて、勇気を振り絞ってグループに近づこうと足を踏み出した男性だが、やはり数歩近づくだけで精一杯だったようだ。グループと男性の間には、明らかに目に見えない壁が築かれていたのだ!


各国首脳の仲良しグループから、すっかり“ハブられて”いるこの男性。実は彼こそ、カナダのジャスティン・トルドー首相その人なのである。一国の首相としてはまだ45歳と若く、イケメン。過去には鍛え上げた肉体をマスコミに披露するなど、華麗な経歴が各国首脳のジェラシーに火をつけてしまったのか、ことの真相は不明である。たしかに、G7にカナダが加わることに対する疑問の声もある、しかしそれにしても、これはあまりにも陰湿な仕打ちではないか。いったい彼の気持ちは、どれほど傷ついたことだろう。休憩の後に、1人トイレで涙を流していたかもしれないと思うと、実にやるせない気持ちが込み上げてくる。

「保護主義と闘う」とする首脳宣言を発表するとともに、各国はテロや北朝鮮などへの対応で足並みを揃えることで一致、表向きは無事に幕を閉じた今回のG7サミット。しかしその裏には、このように世界の平和や安定とはまるでかけ離れた実態があった。この世界から、1日も早くいじめが根絶されることを願って止まない。

しかもこのカナダのジャスティン・トルドー首相は過去にもこんな人から“いじめ”られていたのだ…
-- 続きを読む --

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。