日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏食よさらば! 一人暮らしのコンビニ・外食利用術とは  

コン1

小さな総菜、複数選ぶ
 

ひとり暮らしをする人にとって自炊は難しい。仕事が長引いて外食やコンビニで食事を済ませてしまう人も多いのではないだろうか。無意識に外食を続けると健康を害するリスクが高まるという指摘もある。外食でも適切に栄養を取るポイントが注目を集めている。

ひとり暮らしをする人は増え続け、厚生労働省によると単独世帯は2015年に1352万世帯にのぼった。4世帯に1世帯が単独世帯の計算だ。ひとり暮らしは健康を維持しにくい。実際、米国の12年の研究ではひとり暮らしの人は2人以上で暮らす人より心臓や血管の病気で亡くなる確率が高いという結果が出た。

ひとり暮らしで健康が維持しづらい理由の一つが食生活だ。ひとり暮らしだと外食が増えて栄養バランスが悪くなりやすい。外食が多くなる傾向はひとり暮らしの若者だけではなく、高齢者にも当てはまる。日本能率協会総合研究所によると、60~79歳のひとり暮らし世帯は20代独身の食生活と似て、できあいの弁当を食べる頻度が多く、購入率は20代独身よりも高かった。

6大栄養素といえば、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維だ。ひとり暮らしで外食が続くと炭水化物や脂質を多く取りすぎる傾向がある。たんぱく質やビタミン、ミネラルは不足しがちに、また塩分は過多になる。その結果、肥満や生活習慣病になりやすい。

毎日規則正しく手作りの料理を食べられれば良いが、ひとり暮らしには難しいのが実情だ。管理栄養士の浅野まみこさんは「外食でも自分にあった食べ物を選べば健康に過ごせる」と話す。

たとえばコンビニで食べ物を買う場合、お腹がすいているとつい大きな弁当類やカップラーメンを選びがちだ。大きな弁当ではなくサラダやチーズなど小さい総菜を複数買い、自分の定食をつくるのが健康的だ。まず飲み物から選ぶと、気持ちが落ち着いて大きな弁当類に手が伸びにくくなるという。それからサラダや総菜、肉か魚のおかず、最後におにぎりなど主食を選ぶと良い。意識してたんぱく質や食物繊維を多く含む商品を選ぶことで、栄養バランスを取り戻せる。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

「成功の秘訣」、それは○○ということだった!  

成功2

人の目を気にしない

新宿・歌舞伎町のホストクラブ「Club Romance」代表取締役の信長氏は、 早稲田大学教育学部出身、就職先として選んだのはホストクラブ。ホストになった当初、体重は90キロを超え、女性とまともにコミュニケーションも取れず、指名もゼロだった。
しかし、その後、通算28回のNo.1を獲得するまでになる。

ではなぜ信長氏はNo.1ホストになれたのか。
その秘訣が『成功は「気にしない人」だけが手に入れる』(信長著、秀和システム刊)に書かれている。
本書は浮き沈みの激しいホストで、10数年の長きにわたり、ナンバーワンホストを続けてきた信長氏の成功するためのマインドセットを紹介した一冊である。


 
-- 続きを読む --

冬、日本人ならばやはりこれでしょ  

風呂3

日本人ならばやはりこれでしょ!


昔からよく目にするのがバスクリンの日本の名湯シリーズ。
「お風呂を、あの名湯に。」をコンセプトに日本の名湯が誕生したのは1986年。ちょうど今年で30周年なのだ。

これまで22アイテムが登場。現在も16アイテムが展開中だが、一番人気の商品は「登別カルルス」。シリーズの初期に登場したもので、乳白色の入浴剤としては本邦初だったとか。

入浴剤はどこまで『日本の名湯』を再現しているのか?

しかし実際にはどこまで元となった温泉に近いのだろうか。バスクリンさんに開発の方法を伺ってみると、「日本の名湯の開発には、お約束があります」という。

 1・モデルになる源泉があること
 2・モデルになる源泉の上位3成分の配合比率を極力合わせること
 3・色と香りで温泉地を表現すること
 4・温泉団体(観光協会や旅館組合など)との共同企画とすること

「製品開発をするため、製剤担当者、調香師、企画担当者の3名でチームをつくり、温泉探索を実施しております」

一回で30湯も入浴する開発チーム

聞くだけなら楽しそうだが、実はこれがなかなか過酷な仕事なのだ。
探索にかける時間は、基本2泊3日。一回の探索でなんと30湯程度、見るだけではなく実際に入浴する。…



-- 続きを読む --

冬の新定番となるか?  

冬1

豊かな香りで冷えたカラダを温める「ハーブスチーム」

いよいよ冬の到来だ。
東京の都心では、11月としては54年ぶりに初雪を観測し、明治8年の統計開始以降、初めて積雪を観測した。

この時期にのぼるの話題は<温まる>ネタ。 食べ物や生活の工夫、温泉などの注目スポット、そして<温める>セラピーは定番人気だ。

寒さが苦手な人はもちろん、寒いのが平気な人にとっても<冷え>は禁物。そう「冷えは万病の元」だ。
体の冷えは、血行不良の表れでもある。血液の循環が悪くなれば、酸素や栄養素が行き渡らなかったり、老廃物の排出が滞ったりと代謝が悪くなり、全身の活力も低下する。

そこで最近では、カラダを温めることで治療効果を発揮する「和温療法」が注目されている。
「和温療法」とは、「室内を均等の60℃に設定した遠赤外線乾式サウナ治療室で全身を15分間温めて、サウナ出浴後さらに30分間の安静保温を追加して、最後に発汗に見合う水分を補給する治療法」だ。

発汗作用を促す通常のサウナと違い、全身の血管機能の改善を目的とし、湿度や温度、時間の設定が厳密だ。長年の臨床での実施の裏付けもあり、慢性疲労症候群や慢性疼痛、線維筋痛症などの慢性疾患や、さまざまな難治性疾患の人の苦痛を和らげるために、取り入れる医療機関が登場している。

ほかにも「気分・食欲・睡眠・便通を是正し、鬱気分を軽減」させる効果もあるので、病気の治療に限らず、さまざまな不調の治療や予防にも適しているという。温かいサウナに入った後、ゆっくり休んで水分補給すれば健康回復するなんて、ぜひ試してみたい気持ちの良さそうな治療法だ。

カラダを温めるセラピーは、とくに冷えに悩む人が多い女性には、気持ちまでほっこりとリラックスできるため、人気が高い。
-- 続きを読む --

飲酒と最も強い関連性が認められた“癌” とは  

休2

酒豪の女性は注意! 飲酒による「乳がん患者」が増加~若い時期から「休肝日」の習慣を

 
飲酒による乳がん患者が増加中…

こんな知見を突き付けられたら、酒好きの方々は、どう反応するだろう?

つまり、世界保健機構(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)は、アルコール飲料を「グループ1の発がん性物質」に分類しているという事実を知ったとしたら……。

同研究班が「飲酒する人」と「飲酒しない人」のがん発症リスクを比較検証し、新規がん症例数の約5%、年間死者数の4.5%に「アルコールが関与している」との実態結果を算出したのだ。

論文の共同執筆者である研究員のひとりは、「飲酒によってがんが引き起こされる恐れがあるというこの事実に、いまだ多くの人が気づいていない」と、警戒心を表明している。

飲酒と最も強い関連性が認められた「乳がん」

なかでも女性層により知ってほしいのは、飲酒と最も強い関連性が認められたのが「乳がんの新規診断例だった」という点だ。
それがアルコールに起因する全がん症例中の4分の1以上を占めたそうだから、女性愛酒家としては侮れない。

前出の研究員も「乳がんの発症リスクが、アルコール類の摂取量に比例して増加するのは明らかである」と強調している。次いで関連が強く指摘されたのは大腸がんであり、こちらは全体の23%を占めた。



-- 続きを読む --

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。