日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深田恭子 ついに熱愛発覚か?  

深2

深田恭子が20年間、第一線で活躍する理由
 
7月スタートのドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系)で、瑛太演じる主人公・七瀬五郎の相手役・四俵蘭子を演じるのが深田恭子だ。1997年のデビューから、休むことなくドラマに出続けている深田だが、今年は1月期の『下剋上受験』(同)に続いて、すでに2本目。34歳となった今も、第一線で活躍を続けている。

こうした深キョン人気が続く裏で、とある都市伝説がささやかれているという。
「実は“深田恭子ならワンチャンあるらしい”というウワサがあるんです。それは、共演した俳優だけでなく、スタッフにも……という話で、それを聞きつけた制作スタッフが、積極的に深田さんをキャスティングしたがるんですよ」(テレビ局関係者)

深田ほどの大女優ともなれば、よっぽどの人気俳優や高給取りのスポーツ選手、あるいは大金持ちの社長などでない限り、そう簡単につながることなんてできないと考えるのが普通だが……。
「深田さんは下っ端のスタッフであっても、優しく接するんですよ。実際に連絡先を交換して仲良くなった男性局員もいたようで、スタッフみんなが“深キョンだったら、俺でも仲良くなれるかも”と期待しているわけです」(同)
“深キョンワンチャンある説”は、テレビ業界だけでなく、広告業界でも知られているという。広告代理店の関係者は、こう話す。
「10年くらい前から、代理店周辺では“深田とだったら仲良くなれる”というウワサが流れていますね。だから、“CMに出せば、深田とエッチできるかも……”という不純な動機でキャスティングする代理店社員も多い。実際、デビュー以来、深田はずっとCMに出ていますからね。このウワサが功を奏しているのは間違いないです」

恋多き女として知られる深田。これまで、東山紀之、有田哲平、玉木宏、斎藤佑樹らとの熱愛が報じられ、最近は亀梨和也と交際中だという。その相手は、ほとんどが芸能人である。
「“深キョンワンチャンある説”が広まっているわりには、スタッフとの熱愛発覚はほとんどありません。10年前くらいにヘアメイクの男性との熱愛が報じられたことはありましたが、それ以外は実際にワンチャンをものにしたスタッフは皆無に等しい。結局のところ、深田さんは現場での人当たりがものすごく良くて、ただ単にスタッフに愛されているだけなんですよ。それを勝手に“ワンチャンある”と勘違いしちゃう男性スタッフが多いということなんだと思います」(前出・テレビ局関係者)

深田恭子の“人たらし”能力は、相当なものだといえそうだ。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

大人なジャズを披露してくれた デビュー37年  

聖子1


大人なジャズを披露してくれた松田聖子… 「SWEET MEMORIES」のアレンジも


3月30日(木)放送の『SONGS』(NHK総合)に松田聖子が出演。 デビュー37年の松田聖子が「ジャズ」に挑戦。
「いつかは歌ってみたかった」という名曲を上質なジャズサウンドで披露してくれた。
皆さんはご覧になったでしょうか?

オープニングは本人の代表曲「SWEET MEMORIES」を今回限りのジャズアレンジ。
そして、誕生して80年以上も世界中を励まし続けている「スマイル」や、ボサノバの名曲「静かな夜(コルコバード)」、松田が憧れる歌手、バーバラ・ストライザンドが歌った「追憶」の3曲。


松田とタッグを組んだのは、グラミー賞多数の世界的ジャズアレンジャーのデビッド・マシューズ。
今回の収録にも自らバンドを率いて参加してくれた。

-- 続きを読む --

透明感のある歌声でのジャズも、ステキです。  

セイコ1


長年に渡る構想の末、松田聖子がついにジャズプロジェクトを本格始動。

1980年に歌手デビューした松田聖子。55歳を迎えた今年は、デビュー37年目にして初のジャズアルバムをリリースするという。ジャズアレンジャーで作曲家のデビッド・マシューズとタッグを組んで制作したカバーアルバム『SEIKO JAZZ』である。

この『SEIKO JAZZ』には、スタンダードの「スマイル」から映画「ピノキオ」の主題歌「星に願いを」まで10曲が収められている。

「世界最強との呼び声も高いマンハッタン・ジャズ・オーケストラがレコーディングに参加しています。加えて、オーケストラのリーダー、デビッド・マシューズがアレンジを担当。彼はフランク・シナトラなど大物アーティストのアレンジを手掛け、グラミー賞の受賞経験もある大御所です」


〈イラストは漫画家の石塚真一〉

-- 続きを読む --

指原莉乃が「異常に可愛くなった」 そのワケ  

指1

指原莉乃に「異常に可愛くなった」との声が続出!


HKT48の指原莉乃(24)に「急激に可愛くなった」との意見がネット上で続出。

普段の素の表情が垣間見えるネット生配信やInstagramを中心に絶賛の声が集まっており、これまでバラエティーで「ブスキャラ」としてイジられてきた彼女のイメージが覆りそうな状況だ。
 
絶賛のきっかけとなったのは、今月22日のライブ動画サービス「SHOWROOM」の配信。指原は「ただヨーグルト食べるだけの配信。指原のファン以外楽しくないやつ」と自身のTwitterで前置きしてから配信を開始したが、放送途中で指原が溺愛するNGT48の「おかっぱ」こと高倉萌香(15)に電話をするなどの趣向でファンを楽しませた。

放送は赤いソファーとキャットタワーのある部屋で行われ、指原はリラックスした様子でソファーに寝転がりながらトーク。たまにカメラ前に寄ってアップになるという流れが繰り返されたが、この時のキャプチャ画像や動画がネット上で拡散されるとファンから「可愛い」との声が続出。今まで取り立てて指原のファンでなかった男性たちからも「指原が可愛くなった現実を受け入れざるを得ない」「前と変わった」「色っぽくなったよね」などと称賛コメントが相次いだ。

さらに、放送中に「パンチラ疑惑」の場面が発生したことも話題に。当初、指原はパンチラを警戒したのかブランケットで脚を隠しながら配信していたのだが、脚を立てた時にブランケットがはだけて丸出しになったお尻や太ももがチラリ。パンチラではないかと思われる股間の「黒いモノ」まで見えた。
-- 続きを読む --

長沢まさみ 初ミュージカル『キャバレー』は過激化の布石!?  

長1




ヌード写真集報道にファン歓喜!


女優・長澤まさみ(29)の「ヌード写真出版」を東京スポーツが報じ、ファンから興奮の声が上がっている。

同紙によると、長澤に「官能派女優として再スタートを切るという情報が浮上」したそうで、その第1弾となるのが上演中のミュージカルキャバレー』だという。同作は制作発表の段階からセクシーな衣装で話題を集めたが、これに連動してヌード写真集の企画が進んでいるとのことだ。
 長澤にとって初ミュージカルとなるこの作品は、1966年の初演以来、世界各地で上演されているブロードウェー・ミュージカルの傑作。ナチス台頭前夜のベルリンのキャバレー「キット・カット・クラブ」を舞台に、ショーの花形である歌姫・サリー(長澤)を始めとする人々の恋愛模様を描く。

11日に初日を迎え、連日の大盛況が伝えられている『キャバレー』。すでに観劇した人からは、Twitterなどに絶賛コメントが上がっている。特に注目を集めているのは、長澤のステージ衣装。ビジュアルイメージでもボンテージ風のランジェリーショットなどがあったが、実際の舞台ではさらに過激な姿で観客を魅了しているようだ。

長澤といえば、人気と実力を兼ね備え、すでに確固たるポジションを築いている女優。そんな彼女の『キャバレー』挑戦を、東スポは「セクシー路線完全解禁」の表れだと指摘する。

これまでも長澤にはヌード写真集の話が持ち上がっては消えていただけに、この記事を見たファンの中には信憑性を疑う人もいるが、期待の声が続出。芸能界屈指のプロポーションを誇る彼女の美ボディ解禁となれば、ファンならずとも注目せずにはいられないのだろう。
 
-- 続きを読む --

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。