日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASUKA逮捕報道の裏で  ②NHK職員の謎の行動?  

アスカ6


ベンツ破壊に、タクシー映像垂れ流し…

…モラルなきASKA報道に批判、テレビ局にBPO審議や謝罪求める声も…



28日に再逮捕されたASKA容疑者の報道をめぐり、マスコミのモラルに批判が相次いでいる。
任意同行される約1時間半前、ASKA容疑者の自宅のガレージのシャッターが開くと、報道陣や野次馬がベンツに殺到。その最中、ボンネットに付いていたエンブレムが破壊され、地面に落下。しばらく拾われなかったどころか、誰かに踏みつけられている様子をTBS系情報番組『Nスタ』をはじめ、複数のカメラマンが撮影していた。

また、逮捕直前、ASKA容疑者が乗車していたタクシー内のドライブレコーダーの映像が、翌日のテレビ朝日系『ワイド!スクランブル』で放送され、ネット上で「放送倫理はどうなってるんだ?」と騒ぎに。しかし、お構いなしと言わんばかりに、その後もTBS系『ひるおび!』、フジテレビ系『直撃ライブ グッディ!』、日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』、夜のニュース番組など、各局が同じ映像を繰り返し放送。その結果、「個人情報保護法に触れる行為だ」「ASKAが訴える通り、まさしく盗撮されている」「どこのクソタクシー会社だ?」と批判が増大した。

この事態を受け、映像提供元の会社が加盟していた「チェッカーキャブ」は30日、公式サイト上で「心よりお詫び申し上げます」などと謝罪。本来、ドライブレコーダーの映像提供は、「刑事訴訟法の規定に基づく捜査機関からの文書による照会に応じて提供する場合、ならびに事故やトラブルの状況及び原因を明らかにするために、その当事者、保険会社、捜査機関に提供する場合のみ」に限られているといい、マスコミに提供した会社に対し、「グループとして厳罰をもって対応し、記録映像の管理徹底を図らせる」としている。

「タクシー会社が説明しないまでも、今回の映像がニュース番組で使われるおかしさは、誰でもわかること。『逮捕者だから』『他局がやっているから』という理由で、局が垂れ流していたのは明白なだけに、今後、BPO(放送倫理・番組向上機構)審議入りし、注意を受ける可能性も。また、エンブレムの破損についても、器物破損だとして、マスコミへの批判に繋がっています」(芸能記者)

一般人さえも、一目見て「変だ」と感じた今回のテレビ報道。各局はこの騒ぎに、どう対応するのか?  

そんな中、あの報道局が…謎の行動に
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

ASUKA逮捕報道の裏で ①マスコミの過熱取材の是非  

アスカ2


まるで見世物小屋のASKA逮捕劇   テレビ局は常軌を逸していた  

 NEWSポストセブンの記事

我々、一般人さえも、一目見て「変だ」と感じた今回のテレビ報道。各局はこの騒ぎに、どう対応するのだろうか?

ここからNEWSポストセブンの記事
そのテレビ局の報道姿勢をコラムニストのオバタカズユキ氏が批判する。



先月28日の日本のマスコミ(≒テレビ)は、完全に常軌を逸していたということを、あらためてココに記しておきたいと思う。

 午後2時30分頃、まず初めにNHKと共同通信が「ASKA被告逮捕へ。覚醒剤使用容疑」といった速報を流した。すると、ワイドショーを放送中の民放各社が待っていましたとばかりに、次々とニュース速報に切り替え、テレビの世界がASKA祭り状態となった。

 と、ここまでは、大物芸能人が何かしでかした時に、まあ、よくあるパターンだ。だが、あの日、異常だったのは「逮捕へ」と報じられてから、実際に捜査員がASKA宅に入った午後8時過ぎまで、なんと6時間も同容疑者が「泳がされていた」ことである。

 その間、首を思い切り傾げたくなることがいくつも起きた。午後のワイドショー放送中に、ASKA本人が個人ブログを更新。タイトルを「ミヤネ屋さんへ。」とし、こんな投稿をした。

<「人が、信じられなくなってる。」なんて、電話はしてませんよ。Appleのアカウントを、週に2回も乗っ取られ、インターネット、メールも一切出来なくなってしまいました。相手も特定出来ていたので、直ぐに警察に電話もしました。「サイバーを紹介して下さい」と。それだけです。幻聴、幻覚など、まったくありません。ASKA>

 自分が正常であると訴えつつ、妄想出まくりの印象の強い文章だったが、ASKAがそこでしたかったことは「情報ライブ ミヤネ屋」の放送内容に対する異議申し立てである。

 ブログ更新を知った「ミヤネ屋」はチャンス到来とばかりに、その内容を全国の視聴者に紹介した。そして、番組放送終了直後にASKAとの電話接続に成功、宮根誠司とのやりとりを収録した。

 その様子は、翌日、「独占スクープ」と題して14分間の妄想インタビューみたいな感じで放送された。それ自体、ジャーナリズムを装う見世物小屋みたいでグロテスクな動画だったが、もっと気になったのは、宮根誠司が電話の受話器を芸能レポーターの井上公造に手渡したときのASKAの第一声だ。

「(苦笑交じりに)公造さん、公造さん、あれ、曲流しちゃダメだって!」

 ここでASKAが何を言っていたのかというと、28日の番組の中で、井上公造が以前、ASKAから渡された未発表曲を勝手に公開していたのである。2020年の東京五輪のテーマ曲とのことだったが、それは明らかな著作権侵害行為だ。妄想出まくりのASKAでも、「曲流しちゃダメだって!」と抗議したのはまったく正当なのである。それに対し井上公造は、「いや、でも、あれは逆に聞かせたほうがいいかなと思ったんですよ」と意味不明の言い訳で、抗議を続けようとするASKAの言葉をさえぎり、強引に話題を変えた…



 
-- 続きを読む --

 伝説のドラマとなってしまった。『女たちの特捜最前線』  

女1



 ある意味、伝説のドラマとなってしまった。テレビ朝日系連ドラ『女たちの特捜最前線』


警察署勤務の“オバちゃん”3人が井戸端会議から事件を解決していくという異色作。主演を務めるのは、前夫の元俳優・高知東生被告が薬物逮捕された高島礼子。これに続く主要キャストとして名を連ねるのが、23日に息子の俳優・高畑裕太容疑者が強姦致傷の疑いで逮捕された高畑淳子だ。

「放送開始直前に高知被告が薬物事件を起こし、トドメに高畑さんの息子逮捕ですからね。このドラマはその名の通り、警察社会が舞台。主演級2人の近親者が放送中に本当の犯罪者になるなんて、前代未聞ですよ」(テレビ朝日関係者)

ドラマは高知の逮捕によって、当初の全8話から2話削られ、全6話に。今月25日が最終回となった。

「それ以外にも当初、薬物事件を取り扱うことになっていたのですが、高知被告の逮捕でオジャンになりました。唯一の救いは、高畑容疑者の逮捕が最終回直前で、ドラマでは同様の事件を扱っていないこと。スタッフはホッと胸をなで下ろしていましたよ」(同)

とはいえ、ここまで不吉なことが続くと、同シリーズが継続される可能性はなさそう。

「高知被告の逮捕後、落ち込んだ高島さんを励ましていたのが高畑さん。高島さんが出演でできなくなった分の番宣も、高畑さんが買って出ていた。それが今度は立場が逆。みんなで高畑さんを励ましているそうです」

高畑は溺愛する息子の逮捕に衰弱しており、ずっと泣きじゃくっているというが……。
-- 続きを読む --
高島1


不倫相手も妻に面通し それでも高島礼子は未練タラタラ……“やりたい放題”だった高知東生



元夫で俳優の高知東生被告が覚せい剤取締法違反などの容疑で起訴された、女優の高島礼子。高知被告は先月29日に保釈されたが、今月1日、離婚届を提出したことが高島の事務所から発表された。

「保釈前、一部マスコミで、高知被告が留置されている警察署から署名・押印した離婚届を高島に送っていたことが報じられた。高知被告の保釈後、2人は会わずに電話で話し合い、離婚を決断。その際も、高島は決して高知被告を責めず『お疲れ様』と温かい言葉をかけたという」(週刊誌記者)
 
高島を納得させるのには時間が掛かった。離婚に対して最後まで反対したのは、夫の高知ではなく、高島の方だった。いまだに未練がある感じを見せている」(両者を知る東映関係者)

結婚当初から“格差婚”といわれ続けていた高島と高知被告。結局、最後まで高島が高知被告を甘やかしたままだったようだが、挙げ句、高知被告は逮捕時、元タレントでクラブホステスの五十川敦子被告(高知被告と同罪で逮捕・起訴)と横浜市内のラブホテルに滞在。不倫の事実まで発覚してしまったが、それでも高島はまだ高知被告との“絶縁”に未練がありそうだという。

「女性自身」(光文社/8月23日・30日号)によると、高島は離婚後も高知被告に月々の生活費を支援する考えを見せていたという。さらに、1997年に設立した高島の個人事務所の代表に、6年前に高知被告が就任。高知被告はその代表として報酬を得ているだけに、今後、高知被告を解任しなければ、現状のまま報酬も支払われ続けてしまうというのだ。

「いま振り返ると、高知被告は高島の名前と財力をバックにやりたい放題だった。クラブやキャバクラなど、女性のいる店に行っても、口癖は『ワシの妻、誰やと思っとんのじゃ!』『礼子はワシにほれとるんや!』などと大放言。さらにタチの悪いのは、口説こうと思っている女性がいると、『紹介しとけば安心するから!』と、次回の来店では高島を店に連れて行って紹介してしまう。もちろん、支払いは高島。芸能界を引退後、大勢を引き連れて派手に飲み歩いて金が足りなくなり、明け方に高島を呼び出して支払わせたこともあった」(高知被告をよく知る映画業界関係者)

高知被告の逮捕後の会見で高島は、五十川被告を紹介されたことを認めた。さらに、高知被告は五十川被告を自身と高島も関わる美容協会の理事にするなど、高島の目をごまかすためにあれこれ“工作”していたが、逮捕ですべての事実が明らかになってしまった。

8月31日、高知被告と五十川被告の初公判は同時刻に同じ法廷で行われるが、高島にとってショッキングな話が続々と飛び出しそうだ。
-- 続きを読む --

高島礼子 「私、ドラマ降ります」 夫のシャブ逮捕で  

高島礼子


夫が逮捕された当日、高島は7月スタートの「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系)の撮影で京都に滞在中だった。「第1報を聞いた時はショックを隠しきれなかったようです。夫がシャブに溺れていたことも、浮気をしていたことも知らなかったのですから…」(東映関係者)
高島の対応は、素早かった。すぐさま、東映の幹部に頭を下げて、「私、ドラマ降ります」と告げたという。
東映やテレ朝はすぐに慰留しました。既に撮影は半分以上終わっているので、代役を立てるわけにはいかないのです。
高島が即座に降板を決意したのも無理はない。同ドラマでは、事件に挑む婦人警官を演じているのだ。「高知の逮捕は、あまりにもタイミングが悪い。ドラマでは、麻薬を扱う話しも避けられないでしょうし、番組自体の差し替えの可能性も出てきました。」(芸能評論家佐々木氏)
-- 続きを読む --

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。