日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏食よさらば! 一人暮らしのコンビニ・外食利用術とは  

コン1

小さな総菜、複数選ぶ
 

ひとり暮らしをする人にとって自炊は難しい。仕事が長引いて外食やコンビニで食事を済ませてしまう人も多いのではないだろうか。無意識に外食を続けると健康を害するリスクが高まるという指摘もある。外食でも適切に栄養を取るポイントが注目を集めている。

ひとり暮らしをする人は増え続け、厚生労働省によると単独世帯は2015年に1352万世帯にのぼった。4世帯に1世帯が単独世帯の計算だ。ひとり暮らしは健康を維持しにくい。実際、米国の12年の研究ではひとり暮らしの人は2人以上で暮らす人より心臓や血管の病気で亡くなる確率が高いという結果が出た。

ひとり暮らしで健康が維持しづらい理由の一つが食生活だ。ひとり暮らしだと外食が増えて栄養バランスが悪くなりやすい。外食が多くなる傾向はひとり暮らしの若者だけではなく、高齢者にも当てはまる。日本能率協会総合研究所によると、60~79歳のひとり暮らし世帯は20代独身の食生活と似て、できあいの弁当を食べる頻度が多く、購入率は20代独身よりも高かった。

6大栄養素といえば、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維だ。ひとり暮らしで外食が続くと炭水化物や脂質を多く取りすぎる傾向がある。たんぱく質やビタミン、ミネラルは不足しがちに、また塩分は過多になる。その結果、肥満や生活習慣病になりやすい。

毎日規則正しく手作りの料理を食べられれば良いが、ひとり暮らしには難しいのが実情だ。管理栄養士の浅野まみこさんは「外食でも自分にあった食べ物を選べば健康に過ごせる」と話す。

たとえばコンビニで食べ物を買う場合、お腹がすいているとつい大きな弁当類やカップラーメンを選びがちだ。大きな弁当ではなくサラダやチーズなど小さい総菜を複数買い、自分の定食をつくるのが健康的だ。まず飲み物から選ぶと、気持ちが落ち着いて大きな弁当類に手が伸びにくくなるという。それからサラダや総菜、肉か魚のおかず、最後におにぎりなど主食を選ぶと良い。意識してたんぱく質や食物繊維を多く含む商品を選ぶことで、栄養バランスを取り戻せる。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。