日刊 立ち読み 『気になる話し』

いろんなジャンルの気になる話しを書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に木村拓哉、静香が解散騒動の原因なのか?  

工藤2

『仲良しおっさん5人グループの中で、一人だけ結婚してて、子供がいれば、生活、行動、考え方など違って当然  他の4人は、幼すぎる』


今回のSMAP解散騒動で木村拓哉と妻・静香が悪者の様に報じられるようになっているが、皆さんは本当のところどう思っているのだろう?

週刊誌や芸能関係の方々からすれば、『知っている、取材したことがある、関係者から聞いた……』など芸能界の内輪の話を主観的に報道してるようにしかみえない。

木村拓哉、静香からすれば自分の家族を守る為の当然の行為(発言)だろう。
結婚を期に、そして家族の成長と共に、物事の考え方や自身の振る舞い、仕事のスタンス、周囲との接し方などが変わっていくのは当然だし、静香もずいぶん我慢したようだ。
他の4人のメンバー達は守るものが木村拓哉とは明らかに違うだろう。


逆に結婚から15年もよくぞこのメンバーでSMAPを続けてこられたと言わざるを得ない。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

木村拓哉 「4人をクビに」  

キムタク1


工藤静香の操り人形・木村拓哉が早くも“幹部気取り”?  「4人をクビに」


キムタクからユダタクへ

SMAPの香取慎吾らがジャニー喜多川社長に「休むより解散したい」と申し入れた10日、ハワイで報告を受けた木村が「だったら4人はクビにしてください!」と藤島ジュリー景子副社長に懇願していたと、17日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

育ての親である飯島三智マネジャー(当時)の退社に伴い、メンバーが独立を決意したSMAP。しかし、12月に木村がジャニーズ事務所に残る意志を示したため、計画が破綻。同誌によれば、以降、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録現場で他のメンバーから無視され続けた木村は、4人を恨むようになり、くだんの発言に至ったという。

「木村が自分以外の全メンバーのクビを懇願したという報道に、ファンがショックを受けている。『4人をクビに』発言は、とてもアイドルグループの一メンバーの発言とは思えない。“事務所寄り”の姿勢を見せている木村は、将来、役員就任確実と言われており、早くも“幹部気取り”なのかもしれない。

ネット上では、イエス・キリストを裏切ったユダをもじって『ユダタク』などと揶揄されています」(芸能関係記者)

長年連れ添った仲間との独立よりも、事務所に媚びることを選択し、近藤真彦や東山紀之に続いて役員候補に浮上した木村。
そんな予兆か、「新潮」は6月21日に開かれたフジテレビ亀山千広社長の誕生会に、SMAPで木村だけが招待されていたと報じている。
-- 続きを読む --
SMAP1.jpg


SMAP解散 「全員一致の意見ではない」がメンバーの意思尊重


木村拓哉

中居正広

草彅剛

香取慎吾

稲垣吾郎



12月31日をもってSMAPが解散

人気アイドルグループ・SMAPが所属するジャニーズ事務所は14日未明、同グループが今年12月31日をもって解散することを発表した。グループ結成から28年、アーティストとしてデビューしてから25年。数々のヒット曲とともに国民的人気を誇ったグループの歴史に終止符が打たれる。

今年1月、事務所からの独立騒動が表沙汰となったSMAP。その後、メンバーは事務所に残りグループ活動を存続させるという方向で落着するのかと思いきや、3月12日にNHKで放送された『震災から5年“明日へ”コンサート』に5人そろって出演したきり、グループとしての活動は限定的になっていた。

同事務所は「メンバーの意思を尊重」した結果、「SMAP 今後のグループ活動につきまして」と題した文書を報道各社に送付。
書面でグループ解散を決断した経緯に触れつつ、「全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断」したとしている。

「2月より8月10日まで半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、さらには冠番組の20周年とCDデビュー25周年を記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めて」きたという。しかし、「議論を続ける中で『いまの5人の状況ではグループ活動をすることは難しい』というメンバー数名からの要望を受け」、7月の音楽特番への出演も辞退せざるを得なかったと説明。

「前向きな状況が整うまでグループ活動をしばらく休む」といった事務所側の提案にも、「メンバー数名より『休むより解散したい』という希望が出た」と明かし、「これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重」した苦渋の決断であることをアピールしている。

ファンや関係者に対しては、「25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さま、そして彼らを今日まで支えてくださった関係者の皆さまのご期待に応えることができず本当に心苦しく、私共の力不足をお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません」と陳謝。

メンバー5人の今後については「本年を持ちましてSMAPは解散させていただくことになりますが、5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります」とし、来年からはソロ活動に専念することになる。


と報道各社は伝えていますが、皆さん…本当の解散理由を考えませんか。
-- 続きを読む --

SMAPがついに 歴史に幕を下ろすのか?  

1SMAP

SMAPが8月14日に「解散」発表!  歴史に幕を下ろす


 こんなニュースなら嘘であってくれ…

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・SMAPが、8月14日に解散を発表することがわかった。当初より今月中に活動休止を発表する予定だったというが、直前になってグループの解散を選択したという。8月14日は全メディアがこぞって情報合戦を繰り広げる、歴史的な1日となってしまいそうだ。

かねてよりSMAPは、年始に「週刊新潮」、そして各スポーツ紙が報じたグループの“分裂“による騒動で、存続が危ぶまれていた。

デビュー当時からグループの屋台骨を支えたチーフマネジャー・飯島三智氏と、メリー喜多川ジャニーズ副社長の確執によって、メンバー同士の意志がバラバラの状態に陥ったといわれた。
「当初はメンバー全員が、いよいよとなれば飯島氏とともにジャニーズを去るという話でしたが、木村拓哉が直前になってジャニーズ本体側についたことで、他4人と飯島氏が“謀反人”と報じられることに。しかし、メリー氏の言い分をパワハラなどとする見方も強まり、逆に木村が“裏切り者”と呼ばれるようになっていきました」(週刊誌記者)
 
-- 続きを読む --

山口達也“超異例”離婚会見のワケ  

山口離婚2

山口達也“超異例”離婚会見のワケ さまざまな思惑見え隠れ


ジャニーズタレントとして初の離婚会見を5日開いたTOKIOの山口達也(44)。この日、5歳年下の妻と離婚したことを自らの口で語ったが、超異例の会見にはさまざまな思惑が見え隠れする。

 「自分が未熟で身勝手、幼稚だった。自分のペースで生きて(元妻に)甘えてしまった…」

 カメラのフラッシュが光る中、約50人の報道陣を前に切り出した山口。3年前、仕事や趣味を優先することに業を煮やした元妻から離婚を切り出され、今年4月には別居。ただ、徒歩圏内で住居を構えたことが奏功し、夫婦げんかの回数は減ったという。

 7月には顔にけがをし話題を集めたが「自転車です。夫婦げんかではないです」と苦笑い。子供2人の親権は元妻が持つが、今後も経済的な援助を続けるという。
-- 続きを読む --

検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

スポンサーリンク

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。